セブンイレブンと名門のコラボワイン【7月11日は何の日?】

7月11日はセブンイレブンの日

もう、説明はいりませんね。
7月11日は、世界人口デー(World Population Day)、職業教育の日、真珠記念日など、色々な記念日がある日ですが、セブンイレブンの日ほどわかりやすい記念日はありません。
1946年にアメリカで「午前7時から午後11時までの営業時間」から生まれた、コンビニエンスストアの最大手です。

いつの間にかワインの品揃えも充実してきました。(いや本当にいつの間にかでした…)
セブンイレブンに限った事ではありませんが、以前は、とりあえず赤ワインと白ワインがあれば良い…という感じでしたが、
最近は「あっ、これ飲んでみたいな…」と思えるワインが多くあります。
限られたスペースで、最大限の品揃えにする努力が伺えます。
特にそれを強く感じたのが、名門ワイナリーとコラボレーションしたワインです。

 

イタリア, ワイナリー, ブドウの木, ブドウ園, 風景, 緑

 

名門ワイナリーコラボワイン

セブンプレミアムから、新たに由緒ある三つのワイナリーとのコラボレーションワインが誕生しました。伝統に裏打ちされた美味しさと楽しさをセブンプレミアムならではの魅力的な価格でお届けします。

・ロバート・モンダヴィ ツインオークス カベルネ・ソーヴィニヨン
・ロバート・モンダヴィ ツインオークス シャルドネ
・ウルフ・ブラス ヴィンヤーズ・リリース シラーズ
・ベリンジャー コメモラティブ・コレクション メルロー
・ベリンジャー コメモラティブ・コレクション ピノ・グリージョ

「カリフォルニアワインの父」と言われる、ロバート・モンダヴィ、
オーストラリアを代表するワイナリーウルフ・ブラス、
そして、ナパヴァレー最古のワイナリーベリンジァー。
それぞれの名門ワイナリーとセブンイレブンが共同で開発した、手軽に楽しめるワインです。

夜中にワインが飲みたくなった時でも、気軽に買えて、しかも美味しい…。

田崎氏がそれぞれのワインに合う料理を解説しているので、セブンイレブンでワインと料理も揃ってしまいます。

限られた畑の樹齢の古いブドウを使っていませんし、樽熟成をしている訳ではないので、深いコクや長い余韻を楽しめるワインではありません。
しかし、気軽に飲むには十分楽しめるワインです。

「コンビニのワインだから…」と思わずに、手軽に楽しめるワインの良さを見つけてみてください。
コンビニのお惣菜とのマリアージュも、アイディアと考え方次第で、楽しく、美味しくなるはずです。
ワイン豆知識へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 平和のワイン

  2. イチゴにシャンパーニュは合うのか?合わないのなら理由は2つ

  3. ラブレターワインとワインの熟成について【5月23日はラブレターの日】

  4. 明治神宮に奉納されたブルゴーニュワイン

  5. ワインのテイスティング

    アメリカワイン大躍進のきっかけとなった「パリスの審判」

  6. ピノ・ノワール

    ワインラヴァー永遠の憧れの高級ぶどう品種「ピノ・ノワール」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。