空心菜とエビの炒め物に合うワインは?【野菜のおつまみレシピ】

中華・エスニック料理の定番!空心菜

空心菜(クウシンサイ)は、東南アジア原産のヒルガオ科サツマイモ属の葉野菜。
シャキシャキとした食感のある茎と、少しヌメリを持つ葉が特徴で、中華料理やエスニック料理でよく使われます。
ワインと合わせるイメージがないかもしれませんが、クセが無い野菜なので、ペアリングはさほど難しくありません。
夏が旬の野菜なので、夏にゴクゴク飲みたいワインと一緒に楽しめそうですね。

空心菜とエビの炒め物

【材料:2人前】
・空心菜:1束(長さ5㎝くらいにカット)
・むきエビ:100g
・プチトマト:5個(半分にカット)
・ニンニク:1片(みじん切り)
・白ワイン:大さじ1
・塩コショウ
・オリーブオイル

【作り方】

①白ワインとエビを和える
②フライパンでオリーブオイル・ニンニクを低温から炒める
③香りが出てきたらエビとトマトを入れる
④エビの色が変わってきたら空心菜をいれてサッと炒めて塩コショウで味を調える

【ポイント】
・空心菜の茎の部分と葉の部分を分けて、時間差で炒めるとより食感が良くなります
・ライムやレモンを添えるとより爽やかになります

美味しい空心菜を取り寄せる!

ワインは白?泡?

シンプルな味付け、エビの香り・空心菜の歯ごたえが印象的な料理です。
ムシャムシャ食べながら、ゴクゴク飲めそうなワインが良さそうですね。

炒め物にまず合わせたくなるのが、スパークリングワイン
ビールの飲むように、ゴクゴクと飲めるタイプを選びたいですが、
中でもスペインのカヴァのようなタイプが手頃で炒め物にも負けない飲みごたえが楽しめます。

そして、エビと空心菜の旨味を引き出してくれるワインは…
ニュージーランドのソーヴィニヨンブランも良いですが、
ここはエスニック料理と相性の良いゲヴェルツトラミネールを使った白ワインはいかがでしょうか?
ゲヴェルツトラミネールというブドウ品種は、ライチやグレープフルーツの香りとコショウのようなスパイシーな香りが特徴で、
スパイシーな料理と相性が良いです。
酸味が生き生きしたフランスのゲヴェルツトラミネールや、香りがよりフルーティーなニュージーランドやチリの物を選んでみては。

少しエスニック気分を味わいながら、華やかな香りの白ワイン…
空心菜とワインの相性…最高です。

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. シャンパーニュの最後のひと手間【門出のリキュール】

  2. 魚介に良く合う辛口白ワイン用のぶどう品種「ミュスカデ」

  3. 気をつけて!「ワイン通」が嫌われる5つの理由

  4. ニューワールド?オールドワールド?ワイン生産国の違い

  5. これだけは知っておきたいワインを簡単に説明【ロマネ・コンティ】

  6. 青椒肉絲に合うワインとは?【定番野菜料理とワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。