Vegeage通信 5月号① GWはワインと本はいかが?

こんにちは、Vegeageの奥野です。
ゴールデンウイーク真っ只中です。
皆さんはどのようなゴールデンウイークをお過ごしでしょうか?
私は銀座のお店にいます。(ので来てください)

前回「GWは家でゆっくりしようかなぁ…」という方に、「ワインと映画」をお勧めさせて頂きました。
今回は「ワイン+α」の第二弾として「ワインと本」についてお話をします。
単にワインを楽しむだけでなく、ワインと何かを一緒に楽しむ事によって「楽しさと美味しさ」の相乗効果を期待してみてはいかがでしょうか?

本とワインのペアリング

それそれのジャンルの本に合わせたいワインのタイプをご紹介します。
ゴールデンウイークに読もうかな…という本に合わせてワインを選んでみてはいかがでしょうか?

ミステリー小説:ピノ・ノワール(赤ワイン)
酸味とフルーティーさのバランスが良く、緻密なプロットや深いストーリー展開を持つミステリー小説と相性が良いとされています。また、犯罪の匂いや謎めいた空気感をより引き立てることができます。
ピノ・ノワールを探す

ファンタジー小説:メルロー(赤ワイン)
フレッシュで柔らかい果実味があり、ワクワクするよなファンタジー小説と相性が良いです。
メルロを探す

歴史小説:カベルネ・ソーヴィニヨン(赤ワイン)
重厚なタンニンと濃厚な果実味を持つカベルネ・ソーヴィニヨンは、歴史的な要素が含まれる深いストーリー展開のある歴史小説にぴったりです。
カベルネ・ソーヴィニヨンを探す

恋愛小説:ロゼワイン
軽快な味わいがあり、甘酸っぱさが女性的な雰囲気に合うため、恋愛小説と一緒に飲みたいですね。
ロゼワインを探す

詩集:オレンジワイン
通常の白ワインとは異なり、白ワイン用のブドウを赤ワインのように発酵させることで作られるため、詩集とオレンジワインの組み合わせは、まるで詩のように奥深く、言葉の響きとともに、風味や口当たりの変化を楽しむことができます。

自己啓発書:スパークリングワイン
自己啓発書を読むには、一定の集中力と精神的なエネルギーが必要です。そこで、自己啓発書に合うワインとしては、集中力や気力を高めることができるスパークリングワインがおすすめです。
スパークリングワインを探す

今月のおすすめワイン

前回に引き続きゴールデンウイークに飲みたいワイン、白・泡・赤ワインのセットをご用意しました!

春にぴったりなフルーティーで爽やかな味わいを楽しめます。白、泡、赤それぞれのフレーバーが豊かで、春の味覚に合わせた特別なセットとなっています。
白ワインの爽やかな酸味と果実の香りは、春野菜やフルーツに合わせて。泡は、華やかな香りと甘口な味わいで、パーティーやお祝いに。赤ワインは、フルーティーでやわらかいタンニンと、軽いボディ感が春のお肉やパスタ、チーズ類にぴったりです。
全てのワインは、鮮度抜群でありながら、この価格で手に入るのはインポーター直送便だからこそ。
家飲みやプレゼントにもおすすめです。この春、特別なワインで幸せな時間を過ごしてみませんか?


引き続きオススメはロゼワインです!
手軽なロゼワイン3本セットもご用意しました。
ご自宅で楽しむもよし、手土産、アウトドアなど、春に大活躍のワインです。
ロゼワインで春をお楽しみください!

【インポーター直送便】春に飲みたい!フランスロゼ3本セット

☆クーポンをでお得に☆
クーポンコード:E37X9DAU
使用期限:〜 2023/5/15 00:00
6,000円以上のご購入で、10%のお値引きをいたします。
ご購入時に、上記のクーポンコードをご入力ください。
販売サイトはこちら

 

VegeageLINE公式アカウントでは、ワインと野菜の情報、ワインクイズ、ワイン診断など、楽しいコンテンツが満載! ワインがお得に買えるクーポンをプレゼント中です! →こちらから
The following two tabs change content below.

つねご

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/

関連記事

  1. 今週の野菜とワインのニュース【10/28~11/3】

  2. 今週の野菜とワインのニュース【9/2~】

  3. 今週の野菜とワインのニュース【9/9~】

  4. ワイン入門まとめ

  5. Vegeage通信2月号②

  6. 今週の野菜とワインのニュース【11/4~11/10】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。