なぜ?日本の野菜の消費が減少している

 

野菜の消費が年々減少している…

最近の野菜の消費動向 – 農畜産業振興機構 より
野菜の消費量は、近年減少傾向で推移しており、
平成27年度は前年よりわずかに減少して1人1年当たり91キログラム(概算値)となり、
20年前に比べて10キログラム以上減少しています。

世代別の野菜摂取量を見ると、すべての年代で「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21、厚生労働省)」で示された摂取目標量(1日当たり350グラム)
に達しておらず、特に20歳代~ 30歳代で不足が目立っています。

世界的に健康志向が年々高くなっています。
日本も例外ではなく、健康器具や健康食品の売り上げは堅調…それなのに野菜の消費は減少しています。
単身世帯の増加、ライフスタイルの多様化によって、調理に手間と時間がかけられないので、サラダや炒め物などが多くなる傾向があるそうです。
現に、野菜の消費が減少する中、サラダの購入金額は増加傾向にあるようです。
サラダ, 果物, ベリー, 健康, ビタミン, 新鮮, 食品, ベジタリアン

野菜を沢山たべるために

「食べているつもり」、「食べる機会がない」、「食べる余裕がない」など野菜の消費が少ない理由があります。
しかし、色々な「野菜の食べ方」を知れば、「簡単に、安く」野菜は食べられます。

野菜別の野菜レシピへ

野菜豆知識へ

VegeageLINE公式アカウントでは、ワインと野菜の情報、ワインクイズ、ワイン診断など、楽しいコンテンツが満載! ワインがお得に買えるクーポンをプレゼント中です! →こちらから
The following two tabs change content below.

つねご

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/

関連記事

  1. オクラ水で話題の野菜オクラの健康効果

  2. 自給率を上げるためには…【こくさんと学ぶ料理自給率計算ソフト】

  3. 先人の知恵・野菜のことわざ【秋野菜編】

  4. 良い野菜と悪い野菜の見分け方

  5. おせち料理で使われる野菜とシャンパーニュ

  6. キノコの生食はダメですよ!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。