キノコの生食はダメですよ!!

 

キノコは加熱して食べるもの!

シイタケ、シメジ、エノキ、マイタケ、エリンギ、そしてマツタケ…

秋になるとキノコが沢山出てきます。
焼いても、揚げても、炒めても美味しいキノコ。
色々な食材とも合わせやすく、もちろんワインとの相性も最高です。

どんな調理方法でも美味しくなるキノコですが、一つだけダメな事があります。
それは生食、もしくは加熱不十分で食べる事。

「生食」は日本食の文化らしい食べ方の一つであり、
多くの食材で「一番美味しい食べ方」の1つである事は間違いありません。
しかし、キノコはダメです。
「新鮮なら大丈夫」もダメ。

それぞれのキノコで生で食べた場合の体への影響は違うのですが、
中毒症状が出る事が多いようです。
キノコ, マッシュルーム (茶色) します, 食べる, 栄養, 新鮮, 健康

そもそも、キノコに含まれる旨味成分は加熱した方が多くなるので、
キノコは加熱した方が断然美味しくなります!!

食通きどりで、生のキノコを食べるなんて事はしないでくださいね。
きっとワインにも合わないので…。

キノコは簡単に調理しても、とっても美味しくなるので是非色々試してください。

キノコを使ったレシピと合うワイン

※ホワイトマッシュルームは生で食べられますが、「新鮮な物の限る」という条件付き。
自分で判断できない場合はなるべく生食は避けたい所です。

毎年、秋に多くなるキノコ中毒

毎年、秋になると数十件の毒キノコによる食中毒が発生します。
店頭で販売されているキノコを食べる分には問題はありませんが、
キノコ狩りや、頂き物のキノコなど、不用意に知らないキノコを食べないように気をつけましょう。
また、「毒キノコでもナスと一緒に食べれば大丈夫」などの迷信もあります。
キノコに関して正しい知識を身に着けた方が良いですね。

日本には4000~5000種類のキノコがあり、そのうち毒キノコが約40種類、食べられるキノコが約100種類あると言われています。そして残りの大半のキノコは食べられるか不明だそうです。
なので店頭販売している以外のキノコは要注意。自分で判断しないでキノコアドバイザーに聞いてみては。

www.rinya.maff.go.jp
きのこアドバイザーとは:林野庁
http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinoko/adviser.html

【おススメ!】新鮮な野菜を手軽に買うのなら
おためしセット(送料無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ワイン好きの人はハーブを育てよう!

  2. あると便利!人気の野菜保存グッズ

  3. これ読める?読めそうで読めない野菜の難読漢字【秋野菜編】

  4. 無農薬と有機栽培の野菜の違い

  5. 先人の知恵・野菜のことわざ【秋野菜編】

  6. 一人暮らしの野菜不足を解消!野菜の冷凍保存方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。