野菜の語源と方言【キャベツ】

キャベツの語源

「キャベツ」の名前の由来は、ラテン語の頭という意味の「caput」が語源の、
英語の「キャベッジ(cabbage)」から来ています。
「キャベツ」の語源は「頭」なのですね。

キャベツが初めて日本へ持ち込まれた頃(江戸時代)は、鑑賞用で結球していないタイプで
「「甘藍(かんらん)」と呼ばれていました。
その後、食用として結球しているタイプが広がり「玉菜(タマナ)」と呼ばれ、
のちに「キャベツ」と呼ばれるようになりました。
キャベツ, 栽培, 野菜, 健康, キャベツ畑, 緑, 食品, 農業, 葉

キャベツの方言

キャベツの事を、
東北地方では「タマナ」
中国・九州地方では「カイラン」
沖縄「ターマナー」
と呼ばれています。
方言と言うよりも、昔の呼び名がそのまま残っている…と言った方が適切なのかもしれません。

ちなみに沖縄で「タ―マナーチャンプルー」と言えば「キャベツ炒め」です。
同じ意味でも言葉が違うと印象も変わりますね。
色々な呼び方があるという事は、それだけ人々の生活に密着している野菜なのでしょう。

キャベツを使ったおつまみと合うワイン

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. 「野菜占い」いろいろやってみた

  2. これ読める? 読めそうで読めない野菜の難読漢字【夏野菜編】

  3. これ読める? 読めそうで読めない野菜の難読漢字【春野菜編】

  4. 野菜の価格高騰が起こる原因

  5. ワイン好きの人はハーブを育てよう!【簡単!野菜栽培】

  6. 世界一高価な野菜は何?妄想でワインも

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。