風邪予防に食べたい野菜

 

風邪を予防するためには、ウイルスなどの外敵から身を守る為に
抵抗力をつけておく必要があります。
普段からバランスの良い食事を心がける事が大切ですが、
風邪をひきやすい時期は特に気をつけて、
以下の野菜を多めに食べるようにしましょう。

ビタミンAが豊富な緑黄色野菜

皮膚や粘膜の健康を保ち、細菌に対する抵抗力をつけるビタミンA。
ホウレンソウニンジンカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

野菜以外では、レバー、卵黄、チーズ、バターに多く含まれているので、
組み合わせて考えても良いかもしれません。

 

ビタミンCが豊富な果物、イモ類など

ビタミンCは皮膚の粘膜を健康に保ち、免疫力を高めます。
果物やイモ類に豊富に含まれています。

風邪の予防以外にも、ビタミンCが不足すると、肌荒れや貧血などを引き起こすので、
普段から意識して摂取したいですね。

野菜だけでなく…

野菜だけではなく、魚や肉や大豆などのタンパク質、
豚肉や豆類のビタミンB1もバランス良く摂取しましょう。

普段に食事や、ワインを飲むときのおつまみにも少し意識してみてはいかがでしょうか?

ホットワインでぐっすり眠るのも…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 野菜の語源と方言【カボチャ】

  2. 野菜昆布って何?【ダシを取る昆布と食べる昆布の違い】

  3. キュウリ

    近年の猛暑・夏バテの強い味方 キュウリ

  4. 夏野菜と白ワインは美味しい…だけじゃない!

  5. 良い野菜と悪い野菜の見分け方

  6. これ読める? 読めそうで読めない野菜の難読漢字【夏野菜編】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。