ワイン×野菜図鑑 カボチャ

カボチャ

和名:南瓜
科・属性:ウリ科・カボチャ属
原産地:北米・中米
旬:9月~11月
栄養素:βカロチン、ビタミンC、B1、B2、E、カリウム、食物繊維
効果:生活習慣病予防、動脈硬化、老化防止、美肌、便秘予防、高血圧予防

カボチャは、室町時代にカンボジアから入ってきたため「カボチャ」になったと言われています。
夏に収穫して、しばらく置いておく方が甘くなるので、秋が旬と考えられています。
スイーツのような甘さだけでなく、美容効果も高いので女性に嬉しい野菜です。
皮には実以上にβカロチンが含まれているので、皮ごと食べるのがポイント。
カボチャはヘタの切り口が枯れている方が熟成していて甘いので、選ぶときはヘタを良く見ましょう。

 

ワインとの合わせ方

カボチャは甘味が強い野菜なので、ドライなワインよりもフルーティーなワインが合わせやすいですね。
ドライなワインと合わせる場合は、肉と一緒にソテーやグリルにして、あまり甘味が引き立たない食べ方がおススメです。

・カボチャと生ハムのマリネ→ドイツ・リースリング
リースリングの酸味とフルーティーな香りが、カボチャと生ハムにマッチします。

・カボチャとベーコンのソテー→フランス・ピノ・グリ
・カボチャのチーズ焼き→フランス・ピノ・グリ

リースリングよりフルーティーさを抑えたピノ・グリは、カボチャ料理全般に合わせやすいです。

・夏野菜のグリル→フランス・ソーヴィニヨンブラン

ボルドーブランは、爽やかな香りとしっかりとした飲みごたえもあるので、グリルしたカボチャにピッタリです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ワイン×野菜図鑑 マッシュルーム

  2. ワイン×野菜図鑑 ナス

  3. ワイン×野菜図鑑 レンコン

  4. ワイン×野菜図鑑 ゴボウ

  5. ワイン×野菜図鑑 チンゲン菜

  6. ワインに合う冷ややっこの食べ方を探してみる!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。