トウモロコシのチーズお焼きは、チリの白ワインで!

中央アメリカ原産のトウモロコシは、野菜の中では高カロリーですが、栄養価が高く食物繊維も豊富です。
日本では野菜として扱われていますが、米、小麦と並ぶ世界三大穀物の一つです。
トウモロコシを製粉して主食として食べる事が多いせいか、海外のトウモロコシ料理と言われると中々思い浮かびません。
しかし、トウモロコシの独特の甘味と香りはワインと好相性です。

シンプルに調理して、シンプルなワインと合わせたいですね。

トウモロコシのチーズお焼き

一目でわかる4行レシピ

【材料・2人前】
・トウモロコシ:1本(身をそぎ取る)
・小麦粉:大さじ3
・粉チーズ:大さじ2
・水:大さじ3
・塩コショウ
・醤油
・オリーブオイル

【作り方】
①ボウルに小麦粉・粉チーズ・水をいれて混ぜた後、トウモロコシ、塩コショウを入れてまた混ぜる
②フライパンに多めのオリーブオイルを熱して(中火)、①をスプーンですくって円盤状にして両面焼く
③両面焼けたら鍋肌に醤油を数滴たらして香りをつけたら出来上がり

【ポイント】
・トウモロコシは包丁でそぎ取る方が簡単であるだけでなく、加熱中の破裂も防げます
・ひっくり返す時、ポロポロと崩れやすいので慎重に

トウモロコシの甘味と香ばしさががギュっと詰まった、手軽な料理です。

ワインは南米の白ワインで!

コクのある辛口の白ワインなら何でも合いそうです。
スパークリングワインや、樽の香りが強いシャルドネなどが特に良さそうです。
そんな中でもトウモロコシの味を楽しむ意味で、チリのソーヴィニヨンブランはいかがでしょうか?
チリのソーヴィニヨンブランは、ヨーロッパのそれと比べて酸味が抑えめで果実味が豊富です。
もちろんソーヴィニヨンブラン独特の野菜やハーブの香りもしっかりと感じる事が出来ます。

チリワインの人気ワイナリー・コノスルのシングルヴィンヤードシリーズ。5年の歳月をかけ、それぞれの品種の個性を最も引き出す区画を選び抜き、誕生しました。
トウモロコシを穀物ではなく野菜として食べるために、野菜とハーブの香りする爽やかなワインで迎える…悪くありません。
是非、お試しください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ゴーヤとベーコンのチーズ炒めに合うワインは…?【5月8日はゴーヤの日】

  2. 根菜のポトフには赤?白?

  3. チンゲン菜とシメジの塩炒め【炒め物とワイン】

  4. 野菜を大きく切るといい事…野菜ゴロゴロシチューをリースリングで

  5. 柿とルッコラのサラダ【柿に合うワイン】

  6. シイタケのエスカルゴ風【シイタケとワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。