柿とルッコラのサラダ【柿に合うワイン】

 

柿とワインを合わせるなんて想像もできない…
と言われそうですが、これが意外と柿はワインの良いおつまみになるのです。
特に、まだ甘味の少ない「はしり」の柿は特に今日相性です。
ほんのりした甘味と根菜類のような歯ごたえの柿は、生ハムとルッコラに良く合います。

柿と生ハムのサラダ

一目でわかる4行レシピ
【材料:2人前】
・柿:1個
・ルッコラ:30g
・生ハム:30g(一口大にカット)
・カッテージチーズ:20g
・オリーブオイル:大さじ1
・塩:少々

【作り方】
①柿は薄くくし切りにして円形に皿に並べる
②真ん中にルッコラ、その上に生ハムをのせる
③全体にオリーブオイルをかけ、軽く塩を振る
④カッテージチーズを振りかけて出来上がり

【ポイント】
・ルッコラが無ければ、ベビーリーフでも可
・生ハムとカッテージチーズの塩味で十分なので、塩は控えめに

柿, フルーツ, オレンジ, エキゾチックです, 熱帯, 柳の木-Wren

ワインはリースリング?甲州?

カキにはシャブリ…とよく言われますが、柿には…?
柿の甘味と酸味、生ハムの塩味、そしてルッコラの爽やかな香り…
リースリングなどの寒い地域のブドウ品種の白ワインが良く合います。

リースリング

ドイツ・ラインガウの代表的な生産者、クロスター・エーバーバッハ醸造所。
優しい甘味とエレガントな香り、ピリッとしたミネラル感も感じる、上品なワインです。
柿の甘味と生ハムの塩味にマッチします。
甘味が気になる方は、ドイツワインなら「トロッケン」を選ぶか、
アルザスのリースリングを選ぶと良いです。

甲州

日本の食材には日本ワインで合わせたいですね。
甲州の酸味と甘み、抑えめな香りが食材の良さを際立たせてくれます。
甲州のスパークリングでも良く合いそうです。
柿を食べながらお酒を飲むと、二日酔いになりにくいと言われています。
フルーツとしての柿はもちろん、
おつまみとしての柿も目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 焼きトマトはキャンティで!

  2. ダイコンと生ハムのサラダに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  3. サツマイモとツナのサラダ【サツマイモに合うワイン】

  4. 焼きナスのバジルトマトはクレマンで!

  5. タケノコのオイル漬けに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  6. オクラとナスのアンチョビ炒め【オクラ・ナスとワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。