ゴボウと豚肉の赤ワイン煮込み【ゴボウと合うワイン】

 

日本以外でゴボウを食用にしている国はほとんど無いようです。
そのためワインとのペアリングの例はあまり多くありませんが、
けっしてゴボウとワインの相性は悪くありません。

特にお肉と赤ワインと一緒に調理された料理なら尚更です。

ゴボウと豚肉の赤ワイン煮込み

一目でわかる4行レシピ

【材料:2人前】

・ゴボウ:1本 (細目の短冊切り)
・タマネギ:1個(スライス)
・豚コマ切れ肉:150g
・ニンニク:1個(スライス)
・バター:10g
・醤油:80㏄
・赤ワイン:100㏄
・砂糖:大さじ1
・黒コショウ

【作り方】
①あらかじめ醤油、赤ワイン、砂糖を混ぜておく
②フランパンでニンニクをバターで軽く炒めたら、タマネギ、豚肉、ゴボウを炒める
③全体に火が通ったら、①を入れて弱火で10分程煮込む
④ゴボウが柔らかくなったら、黒コショウ振りかけて出来上がり

【ポイント】
・ゴボウは皮を剥かないと風味がでて、皮を剥くと味が染み込みやすいです。お好みで。

ワインはやっぱり赤ワイン

赤ワインと醤油でしっかりと煮込まれたおつまみには、やはり赤ワイン。
ミディアム~フルボディの辛口赤ワインなら比較的何でも合わせられます。

ピノ・ノワール
ゴボウが持つ土っぽい香りと相性が良いのが、同じようなニュアンスを持つピノ・ノワールです。

ブルゴーニュのピノ・ノワールは少し値が張りますが、その分繊細を香りと長い余韻が楽しめます。
適度な酸味もあるので、全体を引き締めてくれます。

シラー
じっくりと煮込んで味付けを濃い目して、黒コショウを多めに入れて、シラーで楽しんでみては?

ワイルドな味付けのおつまみにはオーストラリアのシラーがピッタリです。
オーストラリアの名門が作るシラーは、しっかりとしたオーク樽とスパイシー香り、
土のようにどっしりしたタンニンで、濃いめに煮込まれたゴボウと豚肉に良く合います。

ゴボウのおつまみと合うワイン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ゴーヤとベーコンのチーズ炒めに合うワインは…?【5月8日はゴーヤの日】

  2. タケノコのオイル漬けは、プロセッコで行くか…

  3. お好み焼きにワインならシラーはどうだろう?

  4. ナスのグラタンはモンテプルチアーノで!

  5. 夏野菜のカマンベールチーズフォンデュとシャンパーニュ

  6. ジャガイモのガレットは樽の香りが効いたシャルドネで!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。