スパイシーで個性的な味わいのブドウ品種「シラー」

シラー(シラーズ)のおもな産地と品種の特徴

シラーは赤ワインに使われるぶどうの品種で、原産地はフランス南東部のローヌ地方です。
シラーの特徴は小粒ですが色が濃く、皮が厚いということです。色素が多く、濃厚な色調のワインが作られます。
豊かなタンニンを感じられる果実味と、強めの酸味があります。長期熟成に適したブドウ品種でもあるので、熟成させるとスパイシーさや渋みが和らぎ、味が良くなります。
おもな産地は原産地であるフランス南東部のローヌ地方と、オーストラリアとなっています。
オーストラリアではシラーはシラーズと呼ばれることが一般的です。ほかにもアメリカやアルゼンチン、チリ、南アフリカなどでも生産されています。

味と香り、色の特徴

力強く野生的であると称されることの多い、濃厚な味わいがシラーの最大のポイントです。
フランス・ローヌ地方で生産されるものとオーストラリアで生産されるものではそれぞれ違った特徴があります。
ローヌ地方のものは黒コショウのようなスパイシーな香りと、なめらかで繊細な味が特徴です。これに対し、オーストラリアのものは果実味が強く、タンニンが感じられる力強い味となります。
色は深みのある紫から黒に近い濃い色となります。長期熟成能力を生かして他の品種とブレンドされることも多く、また、ローヌ地方では白ワインと混ぜて熟成させることで、スパイシーさを和らげ、フルーティな味わいに仕上げることも行われています。オーストラリアではシラーズとカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしたものが広く流通しています。

シラーに合う料理、おすすめの人

シラーの力強い味には、スパイシーな料理がよく合います。肉料理の中でも、シカやカモ、ラム肉など、少しクセのある肉にスパイスを利かせたものとの相性は抜群です。また、レバーにニンニクを利かせたものにもよく合います。
いつもの赤ワインとは少し違った、個性的な味を楽しみたい人におすすめです。

まとめ

シラーは赤ワインの中でも力強い味と香りが特徴なので、普段からワインを飲みなれていない人には少し抵抗があるかもしれません。しかし、シラーは他の品種とのブレンドも多く流通しているので、そのなかから飲みやすいものを選んでいくとよいでしょう。ジビエ料理などをいただくときにはぜひ味わってみたいワインです。
シラーに合う野菜料理

知っておきたいシラーのワイン

ローヌの名門M.シャプティエが作る、エルミタージュ。
エルミタージュはローヌの中で優れたワインの一つで、品質も価格もブルゴーニュやボルドーに引けを取らない、ローヌ地方の代表的なワインです。エルミタージュは濃厚であるだけではなく、芳醇で優雅さがあり、熟成をするとより滑らかでエレガントになります。

オーストラリアを代表するワイナリ―のペンフォールズ 。高級ワインが印象的なワイナリーですが、気軽に楽しめるシラーズもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. イチゴにシャンパーニュは合うのか?合わないのなら理由は2つ

  2. ネコ好き必見!ネコを赤ワインに例えてみた!

  3. トランプ大統領のワイン…歴代アメリカ大統領とワインについて

  4. 実は気が付かずに飲んでいるブドウ品種「グルナッシュ」

  5. ドイツのブドウ農園

    世界北限の地域で作られる繊細なドイツワイン

  6. 一目でわかる赤ワイン・ブドウ品種の特徴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。