スパイシーで個性的な味わいのブドウ品種「シラー」

シラー(シラーズ)のおもな産地と品種の特徴

シラーは赤ワインに使われるぶどうの品種で、原産地はフランス南東部のローヌ地方です。
シラーの特徴は小粒で色が濃く、皮が厚いブドウなので、色素が多く、濃厚な色調のワインが作られます。
豊かなタンニンと豊富な果実味、そして黒胡椒のようなスパイシーな香りが特徴です。
おもな産地は原産地であるフランス南東部のローヌ地方と、オーストラリアとなっています。
オーストラリアではシラーはシラーズと呼ばれることが一般的です。ほかにもアメリカやアルゼンチン、チリ、南アフリカなどでも生産されています。

味と香り、色の特徴

力強く野生的であると称されることの多い、濃厚な味わいがシラーの最大のポイントです。
フランス・ローヌ地方で生産されるものとオーストラリアで生産されるものではそれぞれ違った特徴があります。
ローヌ地方のものは黒コショウのようなスパイシーな香りと、なめらかで繊細な味が特徴です。これに対し、オーストラリアのものは果実味が強く、タンニンが感じられる力強い味となります。
色は深みのある紫から黒に近い濃い色となります。長期熟成能力を生かして他の品種とブレンドされることも多く、また、ローヌ地方では白ワインと混ぜて熟成させることで、スパイシーさを和らげ、フルーティな味わいに仕上げることも行われています。オーストラリアではシラーズとカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドしたものが広く流通しています。

シラーに合う料理、おすすめの人

シラーの力強い味には、スパイシーな料理がよく合います。肉料理の中でも、シカやカモ、ラム肉など、少しクセのある肉にスパイスを利かせたものとの相性は抜群です。また、レバーにニンニクを利かせたものにもよく合います。
いつもの赤ワインとは少し違った、個性的な味を楽しみたい人におすすめです。

まとめ

シラーは赤ワインの中でも力強い味と香りが特徴なので、普段からワインを飲みなれていない人には少し抵抗があるかもしれません。しかし、シラーは他の品種とのブレンドも多く流通しているので、そのなかから飲みやすいものを選んでいくとよいでしょう。ジビエ料理などをいただくときにはぜひ味わってみたいワインです。
シラーに合う野菜料理

知っておきたいシラーのワイン

ローヌの名門M.シャプティエが作る、エルミタージュ。
エルミタージュはローヌの中で優れたワインの一つで、品質も価格もブルゴーニュやボルドーに引けを取らない、ローヌ地方の代表的なワインです。エルミタージュは濃厚であるだけではなく、芳醇で優雅さがあり、熟成をするとより滑らかでエレガントになります。

オーストラリアを代表するワイナリ―のペンフォールズ 。高級ワインが印象的なワイナリーですが、気軽に楽しめるシラーズもあります。
VegeageLINE公式アカウントでは、ワインと野菜の情報、ワインクイズ、ワイン診断など、楽しいコンテンツが満載! ワインがお得に買えるクーポンをプレゼント中です! →こちらから
The following two tabs change content below.

つねご

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/

関連記事

  1. オーストラリアのワイン

    広大な自然と温暖な気候に育まれた果実味溢れるオーストラリアワイン

  2. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【スーパータスカン】

  3. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【カルトワイン】

  4. ワインに詳しくなりたい…まずは主なブドウ品種だけ覚えよう

  5. 寒い日はホットワインでホカホカに!【飲み残しワインの活用③】

  6. カジュアルと最高級の両方の顔を持つ、赤ワイン品種「メルロー」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。