アメリカワイン大躍進のきっかけとなった「パリスの審判」

ワインのテイスティング

アメリカ独立200年を祝うイベント企画

時は1976年のこと、アメリカ独立200年を記念すべき年の出来事でした。
当時、フランスワイン界で著名なスティーヴン・スパリュアが、ワインをテーマにしてアメリカを祝うイベントとして、カリフォルニア産のアメリカワインとフランスワインの飲み比べを行う企画を考え出したのです。

当時、カリフォルニアではワイン造りが盛んに行われて、高級ワインが出現しだした頃でした。
伝統を重んじるフランスとは異なり、自由な気質で失敗を恐れないフロンティア精神のもと、最新の醸造学を取り入れたカリフォルニアが大いなる成長を遂げていたのです。

1976年5月24日、パリにおけるテイスティング大会

アメリカ代表として選ばれたのは、カベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ各6銘柄。フランス代表は同品種各4銘柄で、ブラインド・テイスティングで競うことになりました。
選ばれたカリフォルニアワインは、スティーヴン・スパリュアが直前の旅行で手に入れた24本。フランスの白ワインはブルゴーニュ産、赤ワインはすべてボルドー産でした。

テイスティング大会は、1976年5月24日、フランス・パリのインターコンチネンタル・ホテルで開催されました。
テイスティングしたのは、トップレベルのテイスターやワイン専門誌の編集者、高級ワインを審査するAOC委員会の主席審査員、DRC(ロマネ・コンティ社)の共同オーナー、パリの三ツ星レストラン「タイユヴァン」のオーナーなど、9人からなる錚々たるメンバーで、この9名の審査員がブラインドテイスティングした点数により順位を決められるというシステムでした。もちろん、全員フランス人ですから、誰もがフランスの圧勝だと考えていたことは想像に固くありません。

その結果は・・・?

ところが、出た結果は次のとおり、驚くべきものだったのです。
白ワイン
1位:シャトーー・モンテレーナ 1973(米)

2位:ムルソー・シャルム・ルーロ 1973(仏)

※実際のワインとは畑違い

3位:シャローン 1974年(米)

赤ワイン
1位:スタッグス・リープ・ワインセラーズ 1973(米)


2位:シャトー・ムートン・ロートシルト 1970(仏)


3位:シャトー・モンローズ 1970(仏)

なんと、白も赤も、いずれもアメリカワインが1位だったのです。
フランスが誇る最高級の赤ワイン、ムートンが破れたことはまさに衝撃の結末と言えるでしょう。
この結果に、自身の採点表の返却を求める審査委員までいたそうで、これほどの衝撃を与えたこのテイスティング大会は「パリスの審判」と呼ばれるようになったのです。

リベンジマッチ

実はこの「パリスの審判」には後日談があります。フランスのワイン関係者は、「フランスの最高級ワインは、長年の熟成期間を経てこそその真価を発揮する」として、当時の結果に意義を唱えました。その異議により、10年後と30年後に再度対決が行われましたがいずれもカリフォルニアワインの圧勝に終わりました。

これによって、当時フランスで作られたブドウ、ワインを上回るワインは存在しないと思われていた常識は覆されたのです。「パリスの審判」はどこであっても美味しいワインを作ることができるという新たな考えが認められた瞬間だったのです。

ちなみに「パリスの審判」とは?

「パリスの審判」というのは、本来、ギリシャ神話における一つの挿話のことを指しています。パリスとは、イリオス(トロイア)王プリアモスの息子のことです。このパリスが、ギリシア神話の最高神であるゼウスから、「ヘーラー・アテーナー・アプロディーテ、この3女神たちの中で最も美しい女神は誰か」という難しい判定を下すように命じられるという話。このエピソードになぞらえられたのが、アメリカワインの圧勝劇を生み出したテイスティング大会であり、現代では「パリスの審判」と言えばこのことを指すほどになったのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. カジュアルと最高級の両方の顔を持つ赤ワイン品種「メルロー」

  2. きんぴらごぼうはワインにあうの?

  3. ワイン豆知識まとめ

  4. カレーとワインを合わせてみよう【6月2日はカレー記念日】

  5. ニュージーランドのワイン

    世界で最も新しい注目産地で作られるフレッシュなニュージーランドワイン

  6. ラブレターワインとワインの熟成について【5月23日はラブレターの日】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。