「ワイン占い」いろいろやってみた

 

ワイン占いについてまとめてみました。
前回、野菜占いで予想以上の反響があったのでワイン占いについても調べてみました。

野菜占いは気軽に楽しめる物が多かったのですが、ワイン占いは正直「面倒くさいな…」と思うものが多いですね。
私も他人事ではありませんが、やっぱりワインに関わると「面倒くさく」なるのでしょうか…。

1番目

10の質問に選択肢から答えるのですが、「選べないよ…」という質問もあるので、これがやや面倒くさい。
ちなみに私はメルロータイプ。

メルローの特徴としては、カベルネ種よりも成長が早い反面、収穫期を逃すと酸が落ちやすいということも挙げられます。あなたも比較的早熟なタイプだと思いますが、自分の売り時というか、ピーク時を見逃さないようにしてくださいね。たとえば結婚をするとき、転職をするときなどは、しっかり時期を見極めたほうがいいでしょう。

 

質問の内容が軽いので、答えの内容も軽く感じます。
まぁ、遊びですからね。

2番目【おすすめ】

自分の生年月日を1桁になるまで足して、その数字によって自分のブドウ品種が決まります。
確かこれは「ソウルナンバー」とか「運命数」と言われるものですね。
ちなみに私はセミヨン。

あなたも貴腐ワイン同様にまずブドウを(その才能を)大事に育てて、それから凝縮させる(自分の可能性を信じて才能や長所に磨きをかけて)っていう時間のかかる地味な努力があってこそ魅力的な美女に仕上がっていくのよ。
実のエキスを凝縮させなかったら、ただ器用なだけのつまんないものになっちゃうから、気をつけなくてはいけないわ。

…女性向きですね。
お姉さまに諭されるような文章で、内容はしっかりとして説得力があります。
すこし計算が面倒くさいけど、ワインの勉強にもなるのでおススメです。

 

3番目

これは逆に好きなブドウ品種からその人の性格を表すものですが、正直「それがどうした?!」と言いたくなるのは私だけ?
ブドウ品種の種類も偏っていて、当てはまらない人も多いはずです。

ワイン占いはブドウ品種中心に展開をしているので、ブドウ品種について知らないとイマイチ楽しめないかもしれませんね。

ブドウ品種について調べるならこちら↓

ワインは星座や太陰暦とも関係があるので占いも色々あるかと思いきや、
インターネットで検索した範囲ではあまりありませんでした。
おそらくもっと深い世界があるはずなので、調べてみたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. オーストラリアのワイン

    広大な自然と温暖な気候に育まれた果実味溢れるオーストラリアワイン

  2. ボルドー品種の親であり、陰の立役者「カベルネ・フラン」

  3. 情熱の国、スペインが生み出したワイン

  4. まさに多様性!個性の集まりイタリアワイン

  5. 明治神宮に奉納されたブルゴーニュワイン

  6. アルゼンチンの葡萄畑

    アンデスの麓で育つ果実の味わいが凝縮されたアルゼンチンワイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。