ナスとピーマンの味噌バター炒め【ナス・ピーマンとワイン】

 

ナスの定番料理の一つ、ナスの味噌炒め。
そのままでもワインと美味しく楽しめますが、バターを加えて、よりワインに合わせやすくアレンジしました。
もちろんご飯のおかずにもピッタリです。

ナスとピーマンの味噌バター炒め

一目でわかる4行レシピ

【材料:2人前】
・ナス:3本(一口大にカット)
・ピーマン:4個(一口大にカット)
・豚バラスライス:200g(1口大にカット)
・鷹の爪:1本(スライス)
・ニンニク:1片(みじん切り)
・オリーブオイル
・バター:5g
(合わせ調味料)
・味噌:50g
・白ワイン:大さじ3
・砂糖:大さじ3

【作り方】
①フライパンにオリーブオイル、鷹の爪、ニンニクを低温がら加熱する
②香りが出てきたら、豚肉、ナス、ピーマンの順番で炒める(中火)
③全体に火が通ったら、合わせ調味料を入れてひと煮たちさせる
④最後にバターを入れて全体にからめる

【ポイント】
・ナスとピーマンは大き目にカットした方が食べ応えがあります
野菜, 有機野菜, 電源, バイオ, 収穫, 家庭菜園, 庭, トマト, ナス

ワインはピノ?ヴィオニエ?

しっかりと味噌の味がからんだ料理なので、軽めの赤ワインが良く合います。
チリのピノ・ノワールか、スペインのテンプラリーニョがおすすめ。
また、野菜の美味しさワインを合わせる事を考えると、コクと香りのある白ワインがよいですね。
ヴィオニエを使った白ワインがおすすめです。

味噌とバターのしっかりとした味付けと香りには、チリの果実味のあるピノ・ノワールがピッタリです。

ヴィオニエを使った白ワインは華やかな香りとコクがあるので、野菜の美味しさを引き立ててくれます。
フランス・ローヌ地方で良く使われるブドウ品種ですが、ハッキリした味付けにはオーストラリアかチリのヴィオニエがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ブロッコリーのアンチョビ炒めはイタリアのソアーヴェで!

  2. ルッコラのそばサラダはソーヴィニヨン・ブランで!

  3. タケノコのオイル漬けは、プロセッコで行くか…

  4. 枝豆はワインに合うけど、ペペロンチーノにしてみると

  5. イチジクのチーズ焼きはランブルスコで!

  6. シイタケのエスカルゴ風【シイタケとワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。