ワインの名言【シャンパーニュ編】

 

ナポレオン ・ ボナパルト, 天皇, フランス, ライター, 馬, 油絵, 攻撃

・シャンパーニュは、勝利の時には飲む価値があり、敗北の時には飲む必要がある。
(ナポレオン・ボナパルト)


ナポレオンが戦地へ赴くたびに大量のシャンパーニュを必要とするため、シャンパーニュ・メゾンは従軍として遠征先に赴いたそうです。ナポレオンがロシア遠征で失脚した時、大量のシャンパーニュが略奪されましたが、それを機にシャンパーニュの素晴らしが各国に広がったとも言われています。

サー ウィンストン チャーチル, イギリス, 総理大臣, 政治家

・われわれが戦っているのは、たんにフランスのためだけではありません。
シャンパーニュのためでもあるのです。
(ウインストン・チャーチル)


イギリスの政治家・ウインストン・チャーチルも大のシャンパーニュ好きで知られています。
1日にシャンパーニュのフルボトルを2本は飲んでいたらしく、
「マグナムサイズはふたりの紳士には最適のサイズである。特に、ひとりが飲まないのであれば」
という言葉も残しています。
特にポール・ロジェを愛飲していたようです。

 

 

・シャンパンは、飲んだあとも女性が美しいままでいられる、ただ一つのワインです。
(ポンパドール夫人)

「モエ・エ・シャンドン」をこのなく愛した著名人と言えば、ルイ15世の愛妾ポンパドール夫人です。


シャネル, ショップ, ニューヨーク

・私は二つの時にしかシャンパンを飲まない。恋をしている時と、してない時。
(ココ・シャネル)

ココ・シャネルは熱狂的なKRUG愛好家「クリュッグラヴァー」と言われていたそうです。
恋をしていても、していなくても「シャンパンの帝王」を飲んでいたのですね…。

 

 

オードリー ・ ヘップバーン, 女優, ビンテージ, 映画, モーションの写真
・お肉には赤を、魚には白を、そして恋にはシャンパーニュを。
(オードリー・ヘップバーン)

いやぁ…聞いただけで目まいがしそうな言葉です。
最後にとどめを刺された気分です。

 

その他にもシャンパーニュに関わる名言は沢山あります。
一様に言える事は、皆「シャンパーニュが好き」を通り越している様子を感じます。
単純に「美味しい」だけでなく、人生を豊かにする要素がシャンパーニュに詰まっている事なのでしょうね。

シャンパーニュに合う野菜料理

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 気をつけて!「ワイン通」が嫌われる5つの理由

  2. 月面でワインを飲んでいた?【7月20日は月面着陸の日】

  3. これぞ赤ワイン!強い渋みと力強さのカベルネ・ソーヴィニヨン

  4. ネコ好き必見!ネコを赤ワインに例えてみた!

  5. ネコのワイン【8月8日は世界ネコの日】

  6. 「海のワイン」と「生臭くなる秘密」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。