ワインの名言【シャンパーニュ編】

 

ナポレオン・ボナパルト

ナポレオン ・ ボナパルト, 天皇, フランス, ライター, 馬, 油絵, 攻撃

・シャンパーニュは、勝利の時には飲む価値があり、敗北の時には飲む必要がある。


ナポレオンが戦地へ赴くたびに大量のシャンパーニュを必要とするため、シャンパーニュ・メゾンは従軍として遠征先に赴いたそうです。
ナポレオンがロシア遠征で失脚した時、大量のシャンパーニュが略奪されましたが、それを機にシャンパーニュの素晴らしが各国に広がったとも言われています。
ナポレオンが戦勝酒として重宝していたシャンパーニュは、モエ・エ・シャンドン。
1869年に、モエ・エ・シャンドンをこよなく愛した皇帝ナポレオン1世の生誕150年を記念し、皇帝(アンペリアル)の名を冠してモエ アンペリアルが誕生しました。
また、

ウインストン・チャーチル

・われわれが戦っているのは、たんにフランスのためだけではありません。
シャンパーニュのためでもあるのです。
イギリスの政治家・ウインストン・チャーチルも大のシャンパーニュ好きで知られています。
1日にシャンパーニュのフルボトルを2本は飲んでいたらしく、
「マグナムサイズはふたりの紳士には最適のサイズである。特に、ひとりが飲まないのであれば」
という言葉も残しています。
特にポール・ロジェを愛飲していたようです。

 

ポンパドール夫人

・シャンパンは、飲んだあとも女性が美しいままでいられる、ただ一つのワインです。

ナポレオン以外に「モエ・エ・シャンドン」をこのなく愛した著名人と言えば、ルイ15世の愛妾ポンパドール夫人です。
ポンパドール夫人は、避暑地でひと夏を過ごす際、このメゾンのシャンパンを200本以上も注文していたとも言われています。

ココ・シャネル

シャネル, ショップ, ニューヨーク

・私は二つの時にしかシャンパンを飲まない。恋をしている時と、してない時

ココ・シャネルは熱狂的なKRUG愛好家「クリュッグラヴァー」と言われていたそうです。
恋をしていても、していなくても「シャンパンの帝王」を飲んでいたのですね…。

 

 

オードリー・ヘップバーン

・お肉には赤を、魚には白を、そして恋にはシャンパーニュを

いやぁ…聞いただけで目まいがしそうな言葉です。
最後にとどめを刺された気分です。

 

その他にもシャンパーニュに関わる名言は沢山あります。
一様に言える事は、皆「シャンパーニュが好き」を通り越している様子を感じます。
単純に「美味しい」だけでなく、人生を豊かにする要素がシャンパーニュに詰まっている事なのでしょうね。

シャンパーニュに合う野菜料理

【おすすめ!】ビギナー向けワイン講座体験無料→【アカデミー・デュ・ヴァン】

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. 今話題のオレンジワインって何?【オレンジワインに合う野菜】

  2. 「海のワイン」と「生臭くなる秘密」

  3. リースリング

    初心者は飲みやすく、ワイン通はうなる白ワイン「リースリング」

  4. 緑のワインって何?ポルトガルワイン・ヴィーニョ・ヴェルデ

  5. ワイン通は甘口ワインを飲まない?!【甘口ワインの誤解】

  6. 「ロゼワイン」という選択肢忘れないで!【ゴボウのサラダでロゼワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。