ワインを楽しむ豆知識 ワインの美味しい冷やし方

ワインを冷やす

「赤ワインは常温で、白ワインは冷やして飲むのが美味しい」と言われています。
しかし、ここは日本。夏ともなるとクーラーなどを使っても、部屋の室温が26~28度に保たれている場所も多くなるほど蒸し暑い国です。人間の体温は36~37度が平熱ですので、室温と同じワインは場合によっては生ぬるく感じます。また一口に赤ワイン・白ワインといっても、飲み口や種類によってワイン本来の味と香りを楽しむことができる適温というのは違います。それぞれのワインを美味しく飲むための適温と冷やし方を豆知識として知っておくだけで、今夜これからワインを飲みたいと急に思ったときでも、美味しく飲むことができるでしょう。

赤ワインは常温でのカラクリ

「赤ワインは常温で」ワインの美味しさを楽しむために調べたり学んだりした経験がある方なら一度は聞いたことがある言葉でしょう。しかし考えてみてください。この言葉はワインの本場ヨーロッパで生まれたもの。ヨーロッパの平均気温は日本よりも低いため、常温で飲むことが赤ワインを美味しく飲む温度だったのです。
赤ワインは一般的に、冷やしすぎると渋みが強調されて、香りが閉じてしまう…と言われています。
しかしそれはフルボディに近いワインに言える事で、ライトボディの赤ワインは少し冷やした方が口当たりがよく、フレッシュに飲む事ができます。
温度の目安:
ライトボディ・・・10~12℃
ミディアムボディ・・・13~16℃
フルボディ・・・16~18℃

いくらフルボディでも、日本の夏の常温では温度が高すぎですね。
冷蔵庫で30分ほど冷やしたくらいが丁度良いです。

白もキンキンに冷やせば良いとは限らない・・・

白ワインの中でも甘口のタイプは、温度が高いと甘味がベタッとするのでしっかりと冷やしましょう。
辛口でもフレッシュなタイプはしっかりと冷やした方がよいのですが、コクのある芳醇なタイプは冷やしすぎると香りが十分に感じられない場合があります。
温度の目安:
甘口白ワイン・・・5~8℃
辛口白ワイン・・・7~14℃

冷蔵庫で冷やす場合は3~4時間くらいが丁度良いでしょう。

スパークリングワインの温度も要注意?

スパークリングワインはもちろん、しっかりと冷やしてください。
美味しく飲むためでだけではなく、しっかりと冷やさないとコルクが暴発して大変危険です。
スパークリングワインの圧力は非常に強いので、甘く見てはいけません。
また、白ワインと同じように高級シャンパーニュのような複雑味のあるスパークリングワインは、少し温度を上げると香りと旨味が出てきます。
温度の目安:5~8℃

 

ワインの冷やし方、自宅で楽しむ時の気をつけたいポイント

適温を知ったら次は冷やし方です。自宅でワインを楽しむ場合を考えてみます。まずは、冷蔵庫で冷やす場合、注意したいのが入れる時間と、ワインを置く位置です。冷蔵庫の場合、元々の室温にもよりますが、適温にするまで若干時間がかかります。そして冷蔵庫に入れる時は、扉のそばにおくのは避けます。振動に弱いワインは、冷蔵庫の中でも送風口の近くにおくようにしましょう。

冷蔵庫だと時間が掛かりすぎるという方にお勧めなのが、氷水で冷やす方法です。氷水を入れたワインクーラーに、ワインボトルを入れます。その時、ボトル内のワインの入っている高さまで、氷水が浸かっているかがポイントです。この方法だと、熱伝導率の関係で冷蔵庫よりも早い速度でワインを適温にすることが可能です。その時の環境にもよりますが1分につき1度のペースで温度が下がっていくと計算すると飲み頃の状態で取り出すことができるでしょう。

大切なのは自分がどう飲みたいか

ワインのセオリーとしての適温はありますが、自分がどう飲みたいかという事を大切にしてください。
キンキンに冷えた赤ワインが飲みたい時もあるでしょうし、常温の極甘口ワインを飲みたい時もあるでしょう。
それに適したワインを選ぶに越した事はありませんが、難しい時もあります。
「フルボディの赤ワインしかないけど、今日は冷やして飲みたい気分!」という時はキンキンに冷やしてしまいましょう!

ただし「あれ?イマイチだな・・・」と思ったら、温度を変えてみる選択肢を残しておいた方が良いですね。
温度を変えるとワインの味はガラっと変わりますので、それ自体を楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ワイングラスを選んで、本物の香りと味わいを楽しもう

  2. これぞ赤ワイン!強い渋みと力強さのカベルネ・ソーヴィニヨン

  3. ワインを飲む際のマナーを身につけて、ワンランク上のワインライフを楽しもう

  4. 実は気が付かずに飲んでいるブドウ品種「グルナッシュ」

  5. ワインにおける酸化防止剤は悪なのか?【「ワインの科学」より】

  6. リッチでフローラルなブドウ品種「ヴィオニエ」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。