ゴボウのマリネはミュスカデ・シュールリーで!

ゴボウとワイン…なかなか想像できません。
そもそも日本以外でゴボウを食べる食文化はないそうです。
でも、調理方法によってはワインと合わせられます。
キーになる調味料はバルサミコ酢です!

ゴボウのマリネ

一目でわかる4行レシピ(2人前)

【材料】
ごぼう:2本
醤油:大さじ2
みりん:大さじ2
オリーブオイルで:大さじ1
鷹の爪:1本
バルサミコ酢:大さじ2

【作り方】
①ゴボウの皮をむき、食べやすい大きさに切り、3分程茹でて水気を切る
②醤油・みりん・オリーブオイル・鷹の爪を鍋に入れてひと煮立ちさせて、バルサミコ酢を加える
③容器に茹でたゴボウを入れて、②をかけて冷蔵庫へ
④一晩置いたら出来上がり

【ポイント】
・ゴボウの皮はアルミホイルでゴシゴシすると簡単に取れます
・多めに作って常備菜にもなります

 ワインはミュスカデ!

ゴボウの香りと、バルサミコ酢がよく合います。

思わずボリボリと何本も食べたくなります。
後を引く美味しさです。

ミュスカデは、フランス・ロワール地方で多く作られるブドウ品種。
柑橘系のフレッシュな香りと、はつらつとした綺麗な酸味が特徴の辛口白ワインが多いです。
特に、ミュスガデはシュールリー(澱の引きをしない)という製法で作られる事が多く、澱からアミノ酸の旨味成分が抽出されています。

和食との相性がよいので普段から飲める白ワインです。
日本の独特の食材のゴボウを、醤油とバルサミコ酢で味付けをしたこの料理には、
まさにピッタリなワインです。

ゴボウの栄養素としては、食物繊維や、カリウム・マグネシウム・カルシウム等のミネラルが豊富で、整腸効果もあります。
心も体も疲れた時…シュルールリーと一緒に癒されたい料理ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 簡単おつまみ!生ハムぎんなん【ギンナンとワイン】

  2. 暑い夏はナス味噌炒めと情熱のスペインワイン!!

  3. ゴボウと豚肉の赤ワイン煮込み【ゴボウと合うワイン】

  4. キノコのパン粉焼き【キノコに合うワイン】

  5. フキの煮物をシャンパーニュで…

  6. 焼きトマトはキャンティで!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。