新鮮なモッツアレラとブッラータを食べてみる!【MuMu MOZZARELLA】

先日、神宮前のMuMu MOZZARELLA 神宮工房&ショップへ行ってきました。
こちらでは、イタリアで修業した職人さんがイタリアの製造機を使って、新鮮なモッツアレラを作っています。

販売しているのは3種類のモッツアレラ。

濃厚イタリア牛のミルクがジューシーな
モッツアレラ・フレスカ

モッツアレラの中から濃厚なクリームがジュワッと溢れる
ブッラータ・フレスカ

ぎゅっと締まった歯ごたえとプリプリの食感がクセになる
モッツアレラ・ノディーニ

工房で作られたモッツアレラがそのまま店内で販売されているので、新鮮そのもの。
それぞれ150g入っているのでボリュームもあります。

日本では新鮮なブッラータは手に入らないので、作った物がすぐに買えるなんて凄いなぁ…なんて思いながら、ブッラータとノディーニを購入しました。

ブッラータは、モッツアレラの生地の中に生クリームが入っている巾着状になっていて、切ると中からトロトロの生地が出てきます。
今回は、桃と一緒に食べてみます。

中身の生地の脂肪分が高いので、食べる前に1時間ほど冷蔵庫から出しておいた方がトロトロ感が出ます。
はしりの白桃なのでまだ甘味が強くありませんが、逆にその方が濃厚なブッラータと良く絡んで美味しく感じました。
いやぁ…白桃とブッラータの組み合わせは最高です。

ノディーニは「結び目」という意味で、結ぶ事によって水分が抜けて、濃厚な味とぷりぷりの食感が際立ちます。
シンプルにカプレーゼにしました。

しずおかLED菜園のエディブルフラワーを添えて、より華やかになりました。
やはり通常のモッツアレラよりも、水分が少ない分、味が濃くて歯ごたえが良い!
オリーブオイルが無くてもおいしく食べられます。(最終的にオリーブオイルをかけましたが)

やはり、新鮮なモッツアレラチーズは美味しいなぁ…としみじみ感じる日曜日の朝でした。
さすがに朝からワインは飲みませんでしたが、合わせるとなるとやはりイタリアのスパークリングワイン・プロセッコが良いですね!
プロセッコとはイタリアのヴェネト州で造られるグレーラというブドウを使用したスパークリングワインです。

 

泡も強く、辛口のスパークリングですが、ほんのりと桃のような甘い香りがしてくるので、今回のような料理にはピッタリのスパークリングワインです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. トランプ大統領のワイン…歴代アメリカ大統領とワインについて

  2. 野菜の豆知識まとめ

  3. 保護中: ワイン虎の巻【LINE公式アカウント登録プレゼント】

  4. 一目でわかる赤ワイン・ブドウ品種の特徴

  5. 「好きな野菜」に合う「ワイン」を探す

  6. 今週の野菜とワインのニュース【9/2~】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。