ネコのワイン【8月8日は世界ネコの日】

8月8日は「世界ネコの日」

2002年に国際動物福祉基金が8月8日を『世界ネコの日』(Internationa Cat Day / World Cat Day)に制定しました。
ちなみに「ネコの日」各国で制定されていて、日本は2月22日、アメリカは10月29日、ロシアは3月1日、ヨーロッパの多くの国が2月17日です。

 

ラベルにネコが描かれているワイン

 

ネコのワイン代表と言えば…

ドイツを代表するワインで、日本でも大変なじみのあるワインです。
シュヴァルツェ・カッツの名は、モーゼルのツェル村に昔から伝わる「黒猫が乗った樽のワインは美味しい」という伝説から来ています。
フルーティーでキリっとした酸味が心地良い、爽やかな白ワイン。
和食との相性も良いので、日本でも人気がありますね。

フランス産の招き猫…

アルザス地方の カッツェンタル という村は日本語に訳すと「猫渓谷」。
その「猫渓谷」では上質なクレマン(スパークリングワイン)が作られています。
その名も、クレマン・ダルザス ブリュット キュヴェ・マネキネコ!
日本の招き猫をモチーフにした、クロネコが可愛く描かれています。
良い事がありそうなワインですね。

 

日本だってネコのワイン!

山梨の甲州種を使った白ワイン「甲州猫」。
メガネをかけた可愛いネコのレトロなラベルのデザインは、大の猫好きのデザイナー、スガワラユウコさんによるものです。
軽やかな辛口白ワインは、やはり繊細な日本料理との相性が良いです。

 

ポルトガルの代表的な緑のワイン

スペインを代表する、微炭酸の軽やかなワイン・ヴィーニョ・ヴェルデ(緑のワイン)にもネコが!
しかも緑のネコ…。
暑い時に爽やかに飲める白ワインなので、世界ネコの日にはピッタリな白ワインですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

関連記事

  1. カジュアルと最高級の両方の顔を持つ赤ワイン品種「メルロー」

  2. ワイン

    純国産の繊細で穏やかな味わい 日本のワイン

  3. ボルドー品種の親であり、陰の立役者「カベルネ・フラン」

  4. ニューワールド?オールドワールド?ワイン生産国の違い

  5. 平和のワイン

  6. 情熱の国、スペインが生み出したワイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。