これだけは知っておきたいワインを簡単に説明【ロマネ・コンティ】

 

ロマネ・コンティとは

有名なワイン程、情報や物語が多い物です。
有名なワインの事を簡潔に知りたいな…と思っても色々な情報がありすぎて、逆に良くわかりません。
知っておいて損のない有名なワインのポイントだけを説明します。
今回は世界一高価なワインの一つ、ロマネ・コンティです。

ロマネ・コンティ(Romanée-conti)

生産者: ドメ-ヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)
原産国: フランス
生産地:ブルゴーニュ ヴォーヌ・ロマネ村
格付け:グランクリュ(特級格付け)
ブドウ品種:ピノ・ノワール

ワイン名
ブルゴーニュのワインがそうであるように、ロマネ・コンティは畑の名前がそのままワインの名前です。
「ロマネ」はこの畑を生み出したローマ人、「コンティ」は8世紀仏ブルボン朝のコンティ公に由来します。
コンティ公は、ポンパドール夫人との争奪戦に勝利してこの畑を手に入れました。

生産者
DRCは世界最高の生産者と言われており、ロマネ・コンティ以外にも最高峰の畑を所有しています。
赤ワイン
・ラ・ターシュ
・リシュブール
・ロマネ・サン・ヴィヴァン
・グラン・エシェゾー
・エシェゾー
白ワイン
・モンラッシェ
ロマネ・コンティほどではありませんが、どれも大変高価なワインです。

「ドメ-ヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのリシュブールを飲んだ」
は「ロマネ・コンティを飲んだ」と言う意味にはなりません。
リシュブールでも十分すごいのですが…。

ブドウの木, ブドウ畑, ブドウ, ブルゴーニュ, 自然, 収穫, ワインの地域


ブルゴーニュのワイン畑は、一つの畑を複数の生産者が所有している事が多いのですが、
ロマネ・コンティはDRCのみが所有しており、これをモノポール(MONOPOLE:上部のラベルに記載)と言います。
モノポールはブルゴーニュワインの贅沢の象徴とも言えます。

ブルゴーニュでは畑がすべてと言われるほどで、「畑の良さ=ワインの価格」となります。
ロマネ・コンティは数あるブルゴーニュの畑の中で一番素晴らしい畑と言われています。
その1.8ヘクタールの特急畑から、ロマネ・コンティ平均6000本しか作られません。

【良い畑】×【良い作り手】×【希少価値】

この掛け算で、100万円以上のワインになる訳です…かなりざっくりとした説明ですが。

飲まれるよりも語られるワイン
ごく限られた人しか飲む事が出来ない、ロマネ・コンティ。
飲まれる事よりも、こうやって語られる事の方が圧倒的に多いでしょうね。

「100万円以上するから1万円のワインお100倍美味しいのか?」

その答えは、「ごく限られた人」になって初めてわかるはずです。
もし答えが「NO」だったら、あなたはまだ本当の「ごく限られた人」では無いのかもしれません。

…生意気な事を言ってすみません。
実は私もちょこっとだけ頂いた事があって…そう思ったのです。

→ワインの豆知識へ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. アルゼンチンの葡萄畑

    アンデスの麓で育つ果実の味わいが凝縮されたアルゼンチンワイン

  2. ピノ・ノワール

    ワインラヴァー永遠の憧れの高級ぶどう品種「ピノ・ノワール」

  3. ボトルの形でワインの味がわかる?!

  4. 情熱の国、スペインが生み出したワイン

  5. 花の香りで表現されるワイン【キンモクセイとヴィオニエ】

  6. 明治神宮に奉納されたブルゴーニュワイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。