ホットワインでクリスマス気分!【飲み残しワインの活用③】

 

ワインと果物、香辛料を入れて温めて飲むホットワイン。
寒い冬には心も体も温まる飲み物です。
でも実は「ホットワイン」は和製英語で、英語ではマルドワイン、フランス語ではヴァンショー、
そしてドイツ語ではグリューワインと言います。

フランスやドイツなどではクリスマスに欠かせない飲み物として、
11月末から始まるクリスマスマーケットで楽しむ事ができます。
クリスマスにちなんだカップで、ホットワインが飲みながらマーケットを回る…なんて憧れますよね。

ホットワインを作ってみる

【材料:2人前】
・赤ワイン:300㏄(飲み残しでもOK)
・オレンジ:スライス数枚
・砂糖:大さじ1
・シナモンスティック:1本
・グローブ:2粒

【作り方】
具材を鍋に入れ、火にかけて沸騰直前で火を止めて出来上がり。

【ポイント】
・渋みの強い赤ワインなら(ワイン:200cc、水:100㏄)ぐらいに。
・オレンジ以外に、レモンでもリンゴでもお好みで入れてください
・スパイスはお好みで、スターアニス、ナツメグ、バニラ、カルダモン、ショウガなどを入れてください。(逆にシナモンパウダーだけでも十分です)
・アルコール感が欲しい方は、ラム酒を大さじ1加えてみて下さい。

白ワインでも作る事ができるので、試してみてください。

もっと簡単にホットワイン

ティーバッグで簡単に…
ホットワインは簡単に作る事ができますが、スパイスを色々用意するのが面倒…
そんな方にはホットワイン用のスパイスの詰め合わせはいかがでしょう。

オレンジ・ピール、シナモン、クローブがティーバックに入っているので、
ワインと一緒に温めて、少し蒸したら出来上がりです。
スパイスの跡片付けも簡単!
紅茶を入れる感覚で、ホットワインが簡単に楽しむ事が出来ます。

 温めるだけ
グリューワインそのものもあります。

こちらは、本場ドイツのグリューワインがそのまま楽しめます。
自分の好みで作る楽しみもありますが、
クリスマス気分が盛り上がるデザインのボトルの、本場の味を楽しむのも良いですね。

 

飲み残しのワインを自分好みで作るもよし、
簡単に作るもよし…
ホカホカのホットワインをお気に入りのカップに入れて、
クリスマス気分を盛り上げてみてはいかがですが?
寒さの厳しい冬だからこそ楽しめるワインです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ワインを飲む際のマナーを身につけて、ワンランク上のワインライフを楽しもう

  2. 母の日のプレゼントにおすすめワイン5選

  3. ポートワインって何?【5/20は開港記念日】

  4. 麻婆ナスに合うワイン【定番野菜料理とワイン】

  5. 一目でわかる赤ワイン・ブドウ品種の特徴

  6. トランプ大統領のワイン…歴代アメリカ大統領とワインについて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。