味付け別・フライドポテトに合うワイン【定番野菜料理とワイン】

 

ジャガイモを細切りやくし切りにして揚げたフライドポテト。
この「フライドポテト」は実は和製英語で、揚げたジャガイモ全般を指す意味になるようです。
ファーストフードの一品として、日本でも人気の高い料理ですが、
欧米諸国では「毎日食べている…」くらい日常的な料理です。

「フライドポテトにはビールが一番!」ですが、
ワインとの相性も悪くありません。

フライドポテトの味付け別で、合わせるワインを変えてみてはいかがでしょうか?

フライドポテト×塩→スパークリングワイン

一番フライドポテトの美味しさがわかる、基本的な食べ方。
ビールと同様、シュワッとしたスパークリングワインが良く合います。
特にシャンパーニュは、適度な酸味とミネラル感がシンプルな塩味のポテトに良く合います。
某有名シャンパーニュメゾンのマネージャーが、
「シャンパーニュに一番合うのはフライドポテトだ」と断言しているくらいです。
「ファーストフードだからシャンパーニュに合わない…」そんな事はないですよね。

フライドポテト×ケチャップ→ロゼワイン


これも定番の食べ方。
フライドポテトにケチャップをつけて食べると、ケチャップの味が良くわかります。
なのでケチャップの銘柄にこだわるお店があるのも頷けますよね。
ケチャップの旨味と酸味には、ロゼワインか軽めの赤ワインが良く合います。
ケチャップを使ったお肉料理なら赤ワインですが、ポテトにはロゼワインの方がイモのおいしさも良くわかります。
フレッシュ感も飲み応えもあるフランス・ローヌのロゼはでょうでしょう。

 

 フライドポテト×ハーブ塩→香りの爽やかな白


バジルやローズマリーなどの、ハーブの香りがするポテトフライも美味しいですよね。
ハーブの香りには、やはりハーブのようなニュアンスのある白ワイン、
特にソーヴィニヨン・ブランが良く合います。
柑橘系の爽やかさとボリューム感も兼ね揃えた、ニュージーランドのソーヴィニヨンブランはいかがでしょう。

 

 フライドポテト×チーズソース→コクのあるシャルドネ


カロリー・脂肪分・塩分すべてにおいてハイスペックなフライドポテトの食べ方ですが、
その分食べ応えもあり、満足度の高い食べ方です。
合わせるワインはやはりボリュー感のあるリッチな白ワイン。
アメリカの樽熟成をしたシャルドネが良いですね。

ジャガイモを使ったワインに合うレシピ

【おススメ!】新鮮な野菜を手軽に買うのなら
おためしセット(送料無料)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 世界一高価な野菜は何?妄想でワインも

  2. ヴィンテージにまつわる4つの誤解【ヴィンテージとは?】

  3. 古くからあるお酒、ワイン

    古くから人類に愛された歴史あるお酒、ワイン

  4. おせち料理で使われる野菜とシャンパーニュ

  5. スイスワインと言えばシャスラ!【国を代表するブドウ品種/白ワイン編】

  6. ワイン通は甘口ワインを飲まない?!【甘口ワインの誤解】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。