お正月に飲みたい!干支のワイン【令和2年ねずみ】

 

2020年は子年です。
「子」は、繁殖する・うむという意味があり、新しい物事が始まる年になると言われています。
2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年。
確かに新しい物事が始まりそうな予感がします。
そんな子年の初めには、ネズミが描かれたワインを飲んでみてはいかがでしょうか。

まさにお正月!なボルドーワイン

朱色のラベルに水引とネズミがデザインされたワイン。
お正月、床の間に飾っておきたいようなデザインです。
ボルドーの歴史の古い生産者によるオーガニックワインで、品質も確かです。
紅白で飾った後は、美味しく楽しめます。

 

絵本作家が描く可愛いネズミのラベル


ニュージーランドの生産者が手掛けるオーストラリアワイン。
そしてラベルデザインは日本人絵本作家。
3つの国の結ぶ「虹の架け橋」という名前のワインです。
赤はシラー、白はシャルドネで、
共に頭にブドウをのせたネズミが描かれています。
赤と白で微妙にデザインが違うので、両方欲しいですね。

ワインと旅をするネズミのコミカルなラベル

日本人作家によるデザインの日本限定販売のポルトガルワイン。
可愛いネズミが当ワインを持って、干支の動物の所へ訪れる様子が描かれています。
ウシとワインを飲んだらミルクがワインに…という場面や、
サルと一緒に温泉でワインを飲む…という場面など、
可愛くコミカルに描かれています。

「幸福」という意味のおめでたいワイン


生産地の南アフリカで「幸福」を意味するヴエラ。
高品質でありながらコストパフォーマンスに優れた赤ワインです。
沢山買いこんで、お正月はヴエラ(幸福)に浸ってみては。

 

「ネズミ捕り」という意味の珍しい組み合わせのワイン


物語の一場面のようなコミカルなネズミのラベルのワインです。
「La Souriciere」とは「ネズミ捕り」という意味ですが、なぜこの名前になったのか気になります。
しかしそれより気になるのが、ブドウ品種の組み合わせ。
ピノ・ノワールとグルナッシュの珍しい組み合わせと「ネズミ捕り」は何か関係があるのかもしれませんね。
柔らかいタンニンでありながらも、しっかりと飲みごたえのある個性的な赤ワインは、
飲んでいる内にクセになってしまいそうです。

ワイン豆知識へ 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 「有名なワイン」を簡単に説明【シャブリ】

  2. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【貴腐ワイン】

  3. ボージョレー・ヌーボーこれだけ押えておけば大丈夫!

  4. 肉じゃがに合うワイン【定番野菜料理とワイン】

  5. 古くからあるお酒、ワイン

    古くから人類に愛された歴史あるお酒、ワイン

  6. 一目でわかる赤ワイン・ブドウ品種の特徴

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。