残ったワインの活用方法②【赤ワイン塩】

赤ワインを飲み残して美味しくなくなった時や、
味が自分好みではなくて飲みきれなくなった時のワインの活用方法の第二弾です。

赤ワイン塩

【材料】
・赤ワイン:300㏄
・塩:150g

【作り方】
①フライパンや口の広い鍋で赤ワインを沸騰させる

②①へ塩を入れて弱火~中火で、ヘラでよくかき混ぜながら煮詰める

↑10分程煮詰めるとこれ位。もう一息。

③10~15分程煮詰めて水分が少なくなったら火を止める
④③をアルミホイルの上にのせて、オーブントースターでで加熱(一番弱火で15分)

↑途中で何度か混ぜながら加熱

⑤カラカラになったら出来上がり

↑スプーンやフォークで塊を粒してパラパラにします


↑密閉できる瓶に入れて保存します

【ポイント】
・最後までフライパンだけでもパラパラにできますが、フライパンの表面を傷つけてしまうので注意が必要です
・仕上げに「ふるい」にかけると細かさが均一になって使いやすいです。

ほんのりと甘い香りがするワイン塩。
天ぷらなどの揚げ物、ステーキなどに使ってみて下さい。
色々と使い勝手が良い塩なので、多めに作っておいても良いですね。

飲み残さないように工夫する

できればワインは飲み残さないように、美味しいうちに飲み切りたいですよね。
とはいえ、一度に飲みきれない事は良くあります。
そんな時の便利グッズを用意しておけば、飲み残しを気にせず飲みたい時にコルクを抜く事ができます。

ゴムの栓を瓶に取り付けてポンプで瓶の中の空気を抜く事によって、
ワインの酸化を遅らせる事ができます。
同じようなグッズは沢山ありますが、使いやすさと価格を考えるとこちらがおススメです。
ゴム栓がいくつかあると、複数本に対応できるので多めに用意しておくと良いでしょう。

それでも残ったら、ワイン塩にしてみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ワイン用語を学んで、ワインをもっと楽しく飲もう

  2. ワインの本は題名にだまされるな!【ワイン本のススメ】

  3. 気をつけて!「ワイン通」が嫌われる5つの理由

  4. まさに多様性!個性の集まりイタリアワイン

  5. 歴史と伝統、優れたワインの産出国・フランス

  6. カレーとワインを合わせてみよう【6月2日はカレー記念日】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。