残ったワインの活用方法②【赤ワイン塩】

赤ワインを飲み残して美味しくなくなった時や、
味が自分好みではなくて飲みきれなくなった時のワインの活用方法の第二弾です。

赤ワイン塩

【材料】
・赤ワイン:300㏄
・塩:150g

【作り方】
①フライパンや口の広い鍋で赤ワインを沸騰させる

②①へ塩を入れて弱火~中火で、ヘラでよくかき混ぜながら煮詰める

↑10分程煮詰めるとこれ位。もう一息。

③10~15分程煮詰めて水分が少なくなったら火を止める
④③をアルミホイルの上にのせて、オーブントースターでで加熱(一番弱火で15分)

↑途中で何度か混ぜながら加熱

⑤カラカラになったら出来上がり

↑スプーンやフォークで塊を粒してパラパラにします


↑密閉できる瓶に入れて保存します

【ポイント】
・最後までフライパンだけでもパラパラにできますが、フライパンの表面を傷つけてしまうので注意が必要です
・仕上げに「ふるい」にかけると細かさが均一になって使いやすいです。

ほんのりと甘い香りがするワイン塩。
天ぷらなどの揚げ物、ステーキなどに使ってみて下さい。
色々と使い勝手が良い塩なので、多めに作っておいても良いですね。

飲み残さないように工夫する

できればワインは飲み残さないように、美味しいうちに飲み切りたいですよね。
とはいえ、一度に飲みきれない事は良くあります。
そんな時の便利グッズを用意しておけば、飲み残しを気にせず飲みたい時にコルクを抜く事ができます。

ゴムの栓を瓶に取り付けてポンプで瓶の中の空気を抜く事によって、
ワインの酸化を遅らせる事ができます。
同じようなグッズは沢山ありますが、使いやすさと価格を考えるとこちらがおススメです。
ゴム栓がいくつかあると、複数本に対応できるので多めに用意しておくと良いでしょう。

それでも残ったら、ワイン塩にしてみましょう!

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【ドン・ペリニヨンとその種類】

  2. スパークリングワインについて、もう少し詳しくなる!

  3. ワインに詳しくなりたい…まずは主なブドウ品種だけ覚えよう

  4. 種類別・鍋料理に合うワイン【定番野菜料理とワイン】

  5. オーストラリアのワイン

    広大な自然と温暖な気候に育まれた果実味溢れるオーストラリアワイン

  6. これぞスペインワイン!多様性を生み出すブドウ品種「テンプラニーリョ」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。