これだけは知っておきたいワインを簡単に説明【五大シャトー】

 

「五大シャトー」とは

「五大シャトー」とは、フランスのボルドー・メドック格付け第1級の5つの生産者の事を指します。
・シャトー・ラフィット・ロートシルト(ポイヤック)
・シャトー・マルゴー(マルゴー)
・シャトー・ラトゥール(ポイヤック)
・シャトー・ムートン・ロートシルト
・シャトー・オー・ブリオン(ペサックレオニャン
1855年のパリ万国博覧会において、ナポレオン3世の命令で、メドック地区の生産者のトップ60の生産者と、
当時すでに名声が高かったペサック・レオニャンの「シャトーオーブリオン」を合わせた61の生産者に、
第1級から第5級の格付けが与えられました。
1855年の格付けの後、「シャトーカントメルル」の第5級の追加と、
「シャトー・ムートンロートシルト」の第1級の昇格以外は、格付けの変更は行われていません。

シャトー・ラフィット・ロートシルト(Ch.Lafite Rothschild)

五大シャトーの筆頭となるのはシャトー・ラフィット・ロートシルト。
コンティ公にロマネ・コンティの争奪戦に敗れたポンパドール夫人が、
ロマネ・コンティに代わりにシャトー・ラフィット・ロートシルトを飲むようになり、
宮廷で脚光を浴び「王のワイン」の名声を得ました。
ボルドーワインで一番エレガントなワインと言われています。

シャトー・マルゴー(Ch.Margaux)

ボルドーワインの中で最も女性的で「ワインの女王」とも言われるシャトーマルゴー。
ポンパドゥール夫人がシャトー・ラフィットを宮廷に持ち込むと、その次の愛妾デュ・バリー夫人はシャトー・マルゴーを宮廷に持ち込み愛飲したと言われています。
アーネスト・ヘミングウェイを始め、イギリス初代大統領ロバート・ウォーポール、第三代アメリカ大統領のトーマス・ジェファーソンなど多くの世界の著名人か愛し、数々の逸話のあるワインです。

 

シャトー・ラトゥール(Ch.Latour)

五大シャトーの中で最も力強く、男性的なワインと言われているのがシャトー・ラトゥール。
エチケットに描かれている塔は、世紀中頃、要塞として建てられてジャン・フロワサールの『年代記』にも登場しています。
ボルドーの中でいち早くステンレスタンクを導入した為、「不作知らず」とも言われるように安定したワイン造りをしています。

 

シャトー・ムートン・ロートシルト(Ch.Mouton Rothschild)

メドック格付けが行われた1855年以来、第二級から一級へと昇格した唯一のシャトー。
悲願の昇格を果たしたフィリップ・ロスシルド男爵は「ついに、われ第1級なりぬ、かつて第2級なりき、されどムートンは昔も今も変らず」という言葉を残しています。
1945年以降、ピカソやシャガールなど、毎年その時代の著名画家に描かせているエチケットはコレクターにも人気です。

シャトー・オー・ブリオン(Ch.Haut Brion)

唯一メドック地区以外から、メドック格付けに選ばれたシャトー・オー・ブリオン。
1814年のウィーン会議での晩餐会でもてなされ、フランスは敗戦国でありながら、
領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたので“フランスを救った救世主”とまで呼ばれたワインです。
そのため1855年のメドック格付けの時にはすでにヨーロッパ全土に知れ渡っていたワインのため、
メドック以外から特別に第1級に選ばれました。

名前だけでも憶えておきましょう

ワインが好きな人の会話には、必ずと言って良いほど五大シャトーの話題が上がります。
非常に効果なワインなので、全てのワインを飲む必要はありませんが、
ビジネスの場面でもしばしば登場するワインなので、名前と簡単な歴史を知っておいて損はありません。

ワインの豆知識へ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 白ワインの女王「シャルドネ」は世界一有名なぶどうの品種

  2. 1000年以上の歴史を持つ日本固有種の白ワイン用ぶどう品種「甲州」

  3. イタリアワインを知るためにはこれを飲め!「サンジョベーゼ」

  4. 情熱の国、スペインが生み出したワイン

  5. ボルドー品種の親であり、陰の立役者「カベルネ・フラン」

  6. チリ

    パワフルでコスパが高い…だけじゃない!チリワイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。