カブとキャベツ?!コールラビのレシピと合うワイン

 

コールラビ

語源はドイツ語で、キャベツのコール(kohl)とカブのラビ(rabi)から来ています。
名前通り、カブとキャベツが合わせったようなユニークな見た目。
原産地は地中海北部で、ヨーロッパで15世紀頃から良く食べられている野菜で、
中国や台湾では一般的に食べられているものの、日本ではまだまだ知名度が低い野菜です。

食感は大根のようにシャキシャキしていて、味はキャベツやブロッコリーに似ています。
生でも、炒めても、煮ても美味しく食べる事ができます。
洋食の味付けとの相性が良いので、ワインとの相性も良い野菜です。

 

コールラビのツナマスタードサラダ

【材料:2人前】
・コールラビ:1個(太めの千切り)
・ツナ缶:1個(油を良く切る)
・粒マスタード:大さじ2
・オリーブオイル:大さじ1
・酢:大さじ1
・塩:小さじ1/2
・砂糖:小さじ1/2

【作り方】
材料をボールで混ぜて、冷やして出来上がり

【ポイント】
冷蔵庫で1時間程冷やした方が、味がなじんで美味しくなります

【合わせるワイン】
少し酸味が効いているので、酸味のあるワインで爽やかに楽しみたい所です。
イタリアのソアーヴェ・クラシコはいかがでしょうか?
シャキシャキした心地良い歯ごたえと、ツナ缶の旨味も楽しめます。

コールラビとベーコンのバター醤油炒め

【材料:2人前】
・コールラビ:1個(短冊切り)
・ベーコン:50g
・バター:10g
・そばつゆ(3倍濃縮):大さじ1
・黒コショウ

【作り方】
①カットしたコールラビをバターで炒める
②少し透明になってきたらベーコンをいれる
③ベーコンに焦げ目が付いてきたら、そばつゆを入れて軽く炒めたら皿にもる
④黒コショウを振って出来上がり

【合わせるワイン】
生だとシャキシャキした食感のコールラビですが、炒めると少しコリコリした食感になります。
またバターとベーコンの旨味がしっかりと染み込んでいます。
スペインのスパークリングワイン、カヴァのロゼでいかがでしょうか。

しっかりと樽の香りがするシャルドネを使った白ワインでも良く合いそうですね。

まとめ

コールラビは、カブでもなくダイコンでもない不思議な野菜です。
味も香りも個性がありませんが、生でも炒めても食感がよく、味が良く染みるので調理しやすい野菜です。
日本ではたまにしか見かけない野菜ですが、使いやすい野菜なので見つけた時は是非調理してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ゴーヤとベーコンのチーズ炒めに合うワインは…?【5月8日はゴーヤの日】

  2. 夏野菜のかき揚げは辛口のリースリングで!

  3. 根菜のポトフに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  4. 超簡単なピーマンの肉トマチーズ詰めはシノンで

  5. カブの葉のニンニク炒めに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  6. サツマイモとツナのサラダ【サツマイモに合うワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。