白菜の浅漬けに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

 

鍋物などで使った白菜が余った時、是非作りたいおつまみが浅漬け。
塩昆布でも見込むだけで簡単に出来るので、ちょっと1品欲しい時にとても便利です。
オリーブオイルと和える事によって、昆布のヨード臭さを抑えるので、ワインと合わせやすくなります。

白菜の浅漬け

一目でわかる4行レシピ
【材料:2人前】
・白菜:1/8(約300g)
・細切り塩昆布:20g
・EXバージンオリーブオイル:大さじ1

【作り方】
①洗って水を切った白菜を約3㎝幅で切る
②ビニールに①を入れて細切り塩昆布を入れて良く揉む
③1時間ほど冷蔵庫で寝かせる
④水を切ってオリーブオイルを混ぜて出来上がり

【ポイント】
・白菜以外、ニンジン、カブ、キュウリなどお好みの野菜も

ワインはミュスカデ?スパークリングワイン?

塩昆布の旨味が白菜に染みているので、旨味成分が豊富なワインと相性が良いです。
フランス・ロワール地方のミュスカデは、澱と一緒に熟成させるシュールリー製法で、
ワインに独特の風味を与え、旨味成分のアミノ酸が豊富なワインになります。
和食全般に合わせやすい白ワインなので、お気に入りのワインをストックしておいても良いでしょう。

同じく、アミノ酸が豊富なワインと言えば、シャンパーニュを始めとする、瓶内二次発酵をしているスパークリングワインです。

フランス・ブルゴーニュ地方の、クレマン・ド・ブルゴーニュは、
シャンパーニュより手頃で、適度な酸味とキメの細かい泡が楽しめます。食べた事あるようでないような白菜の浅漬けと、酸味と旨味のある爽やかなワインの組み合わせ。
洋風のおつまみに飽きた時、
いつもの和食に飽きた時など、
ちょっと気分を変えたい時にピッタリな、おつまみとワインの組み合わせです。

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. カブとトマトのマリネに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  2. ナスとピーマンの味噌バター炒めに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  3. インゲンと豚小間肉の赤ワイン炒めに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  4. 餃子の皮で簡単ピッツア・マルゲリータ風【野菜のおつまみレシピ】

  5. サトイモのマスタード・マヨ・チーズに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  6. ブロッコリーのアンチョビ炒めに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。