3月に美味しい野菜レシピとワイン!

 

3月に旬を迎える野菜は、ちょうど厳しい寒さの中で地中から芽を出して育ちました。
3月の野菜には、成長に必要な栄養素と害虫から身を守るための成分が多く含まれているため、
栄養豊富で解毒作用があると言われています。

古くから「春の皿には苦味を盛れ」と言われるように、春野菜には独特の苦みと香りがあり、
冬になまったからだをリフレッシュしてくれるようです。

春野菜とワインを上手に合わせて、
心も体もリフレッシュしてみてはいかがですか?
 

 
・タケノコ

タケノコの旬は短いので、旬の内に調理して保存が出来るオイル漬けを多めに作りましょう。
そのまま食べても、バケットに乗せても、炒め物に入れても…色々と重宝するおつまみです。
ワインはイタリアのプロセッコがおススメです。

・フキ

爽やかな香りとほろ苦さが特徴のフキ。
日本原産で近縁種の少ない独特の野菜の1つです。
フキの煮物にはシャンパーニュ!
独特の苦みとシャンパーニュの香りが絶妙の組み合わせです。

・菜花

見た目の香味を春を感じさせてくれる野菜。
ツナと和え物にして、ロゼワインでより春らしく楽しめます。

・春キャベツ

柔らかい食感と香りで春を感じさせてくれる春キャベツ。
春の産卵期の身の肥えたアサリと一緒に食べると、それぞれの美味しさが引き立ちます。
ソーヴィニヨンブランのような爽やかな白ワインで楽しみたいですね。

・山菜

3月から美味しくなる野菜と言えば、やはり山菜です。
山菜は品種改良を受けてきた野菜とは違い、
収穫量が少なく、味は苦みやえぐみが強く、食べる際に下処理が必要になり手間がかかります。
その分、独特の風味と季節感を感じさせてくれるのが、山菜の魅力です。
シンプルな調理方法で、フレッシュな白ワインと合わせたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. フルボディ=高級ワイン…とは限らない【ワインの誤解】

  2. 超簡単!チーズとワインの合わせ方

  3. ワインを楽しむ

    ワインを楽しむ豆知識 ワインの健康へのメリット

  4. 気をつけて!「ワイン通」が嫌われる5つの理由

  5. 室内で作れる家庭菜園向きミニ野菜

  6. 古くからあるお酒、ワイン

    古くから人類に愛された歴史あるお酒、ワイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。