超簡単!チーズとワインの合わせ方

 

チーズとワイン

チーズとワイン…最高な組み合わせである事は、言うまでもありません。

その理由の一つに共通点の多さです。
・発酵食品である
・世界各国で作られ、地域の個性が豊富である。
・(物によって)熟成することによって美味しくなる。
料理とワインを合わせる時、共通項のある物を合わせると良いとされていますが、
チーズとワインも例外ではありません。

世界中に様々なチーズとワインがあるので、その組み合わせが計り知れません。
それが面白いと考えれば面白いのですが、

正直、面倒くさい…

なので今回は簡単にまとめてみました。
最近、スーパーでも色々なチーズが売っていますが、
実際にどのワインと合わせて良いかわかりませんよね。
あまり、難しく考えなくても良いのですが、一つの目安とて参考にして下さい。

 

簡単!チーズとワインの合わせ方

 

・フレッシュタイプ→フレッシュな白か泡
酵素や菌を加えて、水分を抜いて固めた熟成を指せないチーズ。
クセが少なく、ほのかな酸味が特徴。
代表的なチーズ:モッツァレラ・クリーム・カッテージチーズ
おススメワイン:ソーヴィニヨンブランなどのフレッシュな白・スパークリング・軽めの赤

サラダや前菜と一緒に食べられるチーズなので、フレッシュばタイプのワインがいいですね。


・白カビタイプ→軽めの赤
白カビを表面に繁殖させて熟成するチーズ。
独特な香りとクリーミーな味わいが特徴。
代表的なチーズ:カマンベール・ブリー
おススメワイン:香りが華やかな辛口赤・厚みのある白

赤ならボージョレーなどの軽めのもの、白ならシャルドネを使った厚みのあるワインが良いです。

・青カビタイプ→濃厚な甘口白
青カビを埋め込み熟成させるチーズ。
濃厚で強い塩味と香りが特徴。
代表的なチーズ:ゴルゴンゾーラ・ロックフォール
おススメワイン:濃厚な甘口ワイン・重厚な赤・白


クセの強いチーズには、デザートワインが非常にマッチします。
また、脂肪分も高く、濃厚な味なのでフルボディの赤、厚みのある白ワインでも良いです。

・ウオッシュタイプ→リッチな赤ワイン
熟成中に外側に菌をつけて、表面を洗って作るチーズ。
独特な強い香りとクリーミーでコクのある味が特徴。
代表的なチーズ:エポワス・モンドール
おススメワイン:厚みのある上質な赤・白ワイン

エポワスはブルゴーニュ産なので、上質なブルゴーニュで合わせたいですね。
香りも味も複雑なチーズなので、上質なワインを選びたいチーズです。

 


・セミハードタイプ→キレのある辛口白
作る過程で圧力をかけて、水分を抜いて作られたチーズ。
クセのないマイルドな風味が特徴。
代表的なチーズ:ゴーダ・ライオール
おススメワイン:キレの良い辛口白・軽めの赤

クセがないので、比較的何でも合わせやすいです。
軽めの赤でも良いのですが、白ワインの方が合わせやすいです。

・ハードタイプ→赤全般
セミハードよりもさらに水分を絞り出して作られるチーズ。
熟成期間が長い分、強いコクがあるのが特徴。
代表的なチーズ:ミモレット・チェダー・コンテ
おススメワイン:赤ワイン全般・厚みのある白

熟成されているチーズなので、ワインも熟成感のあるものを選びましょう。
フランス・ボルドーやイタリア・ピエモンテの赤ワイン、白なら樽が効いたシャルドネが合わせやすいです。


 

まとめ

これはあくまでセオリーなので、他にご自分で合わせたい組み合わせがあったら、
チャレンジしてみても良いと思います。

また、この組み合わせはチーズ単体と合わせる場合だけでなく、
そのチーズと使った料理と合わせるワインを見つけるヒントにもなります。

その他のポイントとしては、
①チーズとワインの生産地を合わせる
②チーズとワインの味の濃さを合わせる
③チーズとワインの熟成度を合わせる
この3点を合わせれば、どのような組み合わせでも、
大ハズレにはなりません。

チーズを使った野菜のおつまみレシピ

【おすすめ!】ビギナー向けワイン講座体験無料→【アカデミー・デュ・ヴァン】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ニューワールド?オールドワールド?ワイン生産国の違い

  2. ワイン豆知識まとめ

  3. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【ドン・ペリニヨンとその種類】

  4. ワイングラスを選んで、本物の香りと味わいを楽しもう

  5. 成人式を迎える人の1999年ワイン【生まれ年ワインの購入】

  6. ドイツのブドウ農園

    世界北限の地域で作られる繊細なドイツワイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。