アンデスの麓で育つ果実の味わいが凝縮されたアルゼンチンワイン

アルゼンチンの葡萄畑

 

かつては国内向けに生産され、国内でのみ消費されてきたアルゼンチンワインですが、近年、その力強さと品質の高さで注目を集めています。
ブドウ栽培に適した気候や土壌、良好な環境に加え、害虫の少ないアルゼンチンだからこそできる、昔ながらの栽培方法で作られる無農薬・無添加へのこだわりなどが、その美味しさの秘密です。

アルゼンチンの気候・歴史

アルゼンチンでのワイン生産は、16世紀にスペイン人宣教師がアルゼンチンを訪れ、宣教師たちによりブドウが栽培されたことに始まります。

アルゼンチンは、ブドウを育てるのに必要な日照時間の長さ、昼夜の温度差、赤ワインに適したブドウ種と白ワインに適したブドウ種のそれぞれに適している土壌がある事など、栽培に必要な条件には恵まれていたものの、降雨量が少なすぎるという欠点がありました。
しかし、アンデス山脈から流れこむ豊富な水に恵まれていたこともあって、早くからダムなどの施設が作られ、ワイン作りの環境が整えられました。
そして19世紀になると、ヨーロッパからの移民によって良質なブドウ品種や醸造の技術が持ち込まれ、アルゼンチンワインはさらに品質を高めることとなりました。
またアルゼンチンはワイン好きな国民が多く、隣国のチリに比べてワインの国内消費量が多いなど、ワインに関する関心が非常に高い国民性であり、家族経営を主体としたワイン製造もその品質向上の一翼を担っています。
近年ではオーガニックブームに乗って、無農薬・無添加などの昔からの製法を細やかに受け継いだ製法による品質の高さが、世界中に知られることとなりました。

アルゼンチンワインの生産地

アルゼンチンワインは、その多くが国土の西、アンデス山脈の山麓地域で生産されています。
その中でもアルゼンチン最大のワイン産地がメンドーサ州で、この州でアルゼンチン全土のワインの3分の2が生産され、世界10大ワイン首都の一つとなっています。
メンドーサ州の中央部では、マルベックというブドウを中心とした高品質な赤ワインの生産が盛んです。
乾燥したこの地域で育つマルベックのワインは濃厚で果実味が溢れ味わい深さが特徴です。

またメンドーサ州の北に位置するサンファン地区は、生産量でアルゼンチンワイン全体の5分の1を占めます。白ワインやロゼワインの生産のほか、この地で育ったシラー種で作る赤ワインは国際的にも評価の高い逸品です。


アルゼンチンワインの特徴

アルゼンチンでは赤ワイン製造に力が注がれており、その気候や風土を生かして作られた果実味溢れ濃厚な味わい深い赤ワインは、世界的に高い評価を受けています。
マルベックによる赤ワインは、ブドウ品種としての訴求力こそカベルネ・ソーヴィニヨンなどに比べて低いものの、独特の風味と力強さはワイン愛好家も満足させるものとなっています。
近年では白ワインの評価も高く、バランスが取れた濃縮感のある味わいがその特徴です。

知っておきていアルゼンチンワイン

アルゼンチンワインの至宝と称えられる「カファジャテ」産の有機栽培ブドウを100%使用した、オーガニックワインシリーズです。
クマとは、アルゼンチンのインディアン「アイマラ」の言葉で「クリーンでピュア」という意味。
アルゼンサート認定の有機栽培ブドウを使用。黒いベリー系果実の熟れた香り。熟れた果実、レーズンやチョコのような深みのある味わいを楽しめます。

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. 一目でわかる赤ワイン・ブドウ品種の特徴

  2. 1000年以上の歴史を持つ日本固有種の白ワイン用ぶどう品種「甲州」

  3. ワインを飲むから元気になる?元気だからワインを飲む?

  4. 成人式を迎える人の1999年ワイン【生まれ年ワインの購入】

  5. ボルドー品種の親であり、陰の立役者「カベルネ・フラン」

  6. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【スーパータスカン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。