今週のワインと野菜のニュース【5月24日~】

いや…今週は暑かった!という事で暑さの話題から。

まだ5月なのに真夏日多い 早い暑さで野菜に異変

こうした晴天続きの影響を受けて今、野菜が全般的に安い。トマトやキュウリ、キャベツなど出来の良いものが多く市場に出回っているため、都内のスーパーには値段の安いものが目立つ。ところが、実はこの晴天続きでむしろ悪い影響が出ている野菜もあるようで…。主に東京向けに野菜を作っていることで有名な神奈川県三浦市の畑に巨大なサニーレタスが出現。通常サイズと比較すると一目瞭然。規格サイズを超えたため市場に出せないレベルになってしまったというのだ。

野菜が安くなるのは消費者としてうれしいのですが、やはり異常な気候にはどこかで悪い影響で出てきてしまうのですね。

 

マセラティと名門ワイナリー「アンティノリ」がパートナーシップ提携

マセラティは、最高品質のワインを手がけるトスカーナの名門ワイナリー「アンティノリ」との提携を発表した。
マセラティとアンティノリの提携は、妥協のない品質の追求におけるイタリアン エクセレンスの体現という、両社に共通する重要な価値観に基づいて結ばれたものだ。

1914年にイタリアのボローニャで設立されたスポーツカーメーカーのマセラッティと、1385年からの歴史を誇る、イタリアで最古のワイナリー・アンティノリ。共にずば抜けたブランド力の2社がパートナーシップ提携とは…何が起こるのでしょうか?

ジェームス・サックリング氏が100点と評価し、2018年トップ100イタリアワインの1位にも選出!!さらに、ワイン・アドヴォケイト誌においてはソライア史上初の100点満点を獲得!!最高のカベルネから造られるスーパートスカーナです。

高級ボルドーワイン、香港が最大の輸出先に

フランスのボルドーワイン委員会(CIVB)によると、2018年は香港が高級ボルドーワインの最大の輸出先となった。11年以降で初めて。中国本土は2位に後退した。27日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。18年のボルドー地方の高級ワイン販売額のうち、香港が16%を占めた。香港は11年に高級ボルドーワインの販売額で首位に立ったものの、12年には英国に追い抜かれた。13~17年は本土がトップだった。

香港は2011年以来の首位。中国本土は、景気の後退と米中貿易摩擦への懸念が消費意欲を圧迫している理由があるようです。中国の場合は投資目的としてのワイン購入も多かったようなので、景気の後退と高級ワインへの投資の減少は比例するのでしょうね。ボルドーも中国を意識したマーケティングをしていたので、今後どうなるか気になるところです。

今週もお疲れさまでした。
非常に暑い日が印象的な週でしたが、それ以上に許されない事件に心を痛めました。
来週は平穏な週でありますように。



 

VegeageLINE公式アカウントでは、ワインと野菜の情報、ワインクイズ、ワイン診断など、楽しいコンテンツが満載! ワインがお得に買えるクーポンをプレゼント中です! →こちらから
The following two tabs change content below.

つねご

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/

関連記事

  1. 今週の野菜とワインのニュース【9/16~】

  2. Vegeage通信3月号①

  3. Vegeage通信3月号②

  4. 今週の野菜とワインのニュース【7/19~】

  5. 今週の野菜とワインのニュース【9/9~】

  6. 今週の野菜とワインのニュース【8/26~】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。