今週の野菜とワインのニュース【8/26~】

 

赤ワイン摂取で腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の多様性が増大

赤ワインを飲んでいる人は他の酒類を飲んでいる人に比べて、消化管内に生息する細菌の多様性が増大していることが分かった。英ロンドン大学キングスカレッジの科学者チームが28日、学術誌「ガストロエンタオロジー」で発表した。消化管内の細菌の多様性は胃腸の健康状態の指標とされている。

研究では、ビール、リンゴ酒、ワイン、蒸留酒が、消化管内に生息する微生物群の「細菌叢(そう)」やその他の健康指標に及ぼす影響について、英国の女性の双子916組を対象に調査した。
その結果、赤ワインは腸内健康に対する最大のプラス効果の他、肥満水準と「悪玉」コレステロール値が低いこととも関連していた。ビール、リンゴ酒、蒸留酒についてはこうした関連性はみられなかったが、白ワインは軽度の効果との関連性が認められた。

赤ワインが胃腸の健康に貢献するとは…。
だからと言って、大量な飲酒、無理な飲酒はもちろん禁物。
楽しく、美味しく適度にワインを飲んだ上での「副産物」ととらえた方が良いですね。

シャルドネが爽やかに香る大人のシュークリーム

株式会社麦の穂(本社:大阪府大阪市、代表取締役:杉内 健吉)は、シュークリーム専門店シュクリムシュクリにて期間限定シュークリーム“シューシュクリ シャルドネ”を2019年9月1日(日)より発売いたします。
白ぶどうの王道品種シャルドネが爽やかに香る大人の一品。三層が織りなす食感豊かなシュー生地とともにお楽しみください。

シャルドネが爽やかに香るシュークリーム!
気になりますね…。
9月の限定販売だそうです。

 

 

大人が好きな野菜ランキング

 8月31日「野菜の日」を前にタキイ種苗が行った調査で、11年連続で大人の好きな野菜のトップに「トマト」が選ばれた。品種改良による食味の向上や健康志向、時短ニーズの高まりなどに合致し、評価された。一方、4割が嫌いな野菜はないと回答し、昨年調査よりも割合が増えた。

確かに最近のトマトはどれも甘いので、嫌いになる要素が昔よりも無くなりましたね。
トマトに続いて、タマネギ、トウモロコシ、ジャガイモ、エダマメ、ナスの順位になっています。
ちなみに、嫌いな野菜のトップがセロリ、次いでゴーヤ。
一方、「嫌いな野菜は特に無い」という回答が昨年より増えたのは良い事ですね。

ワインに合うトマトのレシピ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 今週の野菜とワインのニュース【7月15日~】

  2. 今週の野菜とワインのニュース【9月30日~】

  3. 今週の野菜とワインのニュース【7/29~】

  4. 今週の野菜とワインのニュース【6月17日~】

  5. 今週の野菜とワインのニュース【9/2~】

  6. 今週の野菜とワインのニュース【8/5~】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。