今週の野菜とワインのニュース【7/19~】

「キリン 午後の紅茶 大人の芳醇シャルドネ」新発売

キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、紅茶飲料のNo.1ブランド※1「キリン 午後の紅茶」から、「キリン 午後の紅茶 大人の芳醇シャルドネ」を8月20日(火)より全国※2で季節限定で新発売します。
※1 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2018年出荷箱数実績)
※2 沖縄県を除く

白ワインによく使われるブドウ品種シャルドネを使ったフルーツティ―ですね。
「シャルドネの特徴は、特徴が無いところ」と言われるほど、シャルドネは生産地や栽培方法によって味わいが変わります。
どのようなシャルドネなのか楽しみです。

シャンパンを飲んで温暖化防止!

「フランソワ・デュボワ」(Francois Dubois)は、シャンパンと環境を結び付ける新しい概念を発表しました。
完全にリサイクル可能な購入された各Esprit Natureボトルに対して、木が植えられます。

シャンパンを消費するたびに、古い農地に木が植えられる活動です。
シャンパンボトルにはデザインされあ熱収縮フィルムが張られているので、そのフィルムを剥がせばボトルは100%リサイクルすることができます。
そしてそのボトルのコードを読み取り、手続きをすれば古い農地に植樹がされ「植栽証明書」が発行されるそうです。
これは、やってみたいですね。

原監督61歳の誕生日ワイン贈られ「勝って乾杯だ」

セ・リーグ首位を走る巨人原辰徳監督が22日、61歳の誕生日を迎えた。 似顔絵入りのケーキをほお張り、ハッピーバースデーの合唱で祝福された。

プレゼントは、前回優勝した14年に製造されたカリフォルニアワイン「オーパス・ワン」を受け取った。木箱を空けた瞬間に「香りがするよ」と笑い「とてもいい。勝って乾杯だ」と気持ちを新たにした。

前回優勝した年のオーパスワンを送られるとは、とても素敵ですね。

でも…「14年に製造された…」と書いてありますがそれは間違いです。
「OPUS ONE 2014」は2014年に収穫されたブドウを使って作られたワインであって、2014年に製造された訳ではありません
オーパスワンは樽で18か月熟成させるので、2014年に収穫されたブドウを使っても2014年に製造が完了しません。
製造年とヴィンテージ(ブドウの収穫年)は同じでないのですよ…。

他の同じ内容の記事を確認してみましたが、どの記事も「14年製造」と書いています。
大丈夫かな?

日照不足で値上がりした野菜、値下がりした野菜

日照不足と低温の影響を受けやすいナスは46%高、キュウリは21%高、ピーマンは16%高と値上がりしています。
一方で値下がりした野菜もあります。レタスは20%安、大根は21%安、玉ネギは34%安です。

今年は特に日照時間が少ないので、野菜の値段は上がるだろうな…と思いますが、
値下がりする野菜もあるのですね。
玉ネギは34%も安くなっているなら、この夏は玉ネギをモリモリ食べようかな…。

ワイン豆知識へ
野菜豆知識へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 今週の野菜とワインのニュース【7月8日~】

  2. 今週の野菜とワインのニュース【9/23~】

  3. 今週の野菜とワインのニュース【9/2~】

  4. 今週の野菜とワインのニュース【9/9~】

  5. 今週のワインと野菜のニュース【5月24日~】

  6. 今週の野菜とワインのニュース【9月30日~】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。