今週の野菜とワインのニュース【9月30日~】

 

シャルドネのチューハイ?!

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール㈱は「サッポロチューハイ99.99 クリアスパークリング[シャルドネ]」を12月3日から全国で数量限定発売します。

中味特長
・純度99.99%の高純度ウォッカを使用した透明感のあるクリアな味わい。
・飲みごたえはありながらも飲み飽きないスムースな飲み口。
・シャルドネ果汁で仕上げた華やかな香りとすっきりとした味わい。

ワインではありませんが、シャルドネを使用していると聞けば、飲まない訳には行きません。
おそらくシャルドネ果汁を醸造している訳じゃないので、
スパークリングワインとは違うのでしょうね。
どんな味がするのか楽しみです。

 

ワインの知識が無いデザイナーによる広告に共感!

北陸近県の、全てのワイン好きに捧ぐ人気イベント「イートワイン トヤマ」。ここ数年、このイベントの告知ツールが毎年広告賞を受賞している。その背景には意外と、ワインの知識が全くない「意識低い系デザイナー」による、ありえない切り口の面白さが、逆にクライアントや来場者を楽しませることにつながりました!

富山市で毎年秋に開催される、北陸最大級のワインフェスティバル『イートワイン トヤマ』の広告が面白い!!
2017年よりデザイナ―の「ワインの知識の無さ」を武器に表現が話題を集めています。
ワインが持つ独特の雰囲気を、一般的な目でみた正直な感想を面白おかしく表現しています。

ブドウ園, ワイナリー, ブドウ, ワイン, トラヴァースシティ, ミシガン州

オー=ブリオンとボルドーの「偉大な」ジャン=ベルナール・デルマスが死去

ボルドー初の成長シャトーオーブリオンのかつてのワイン醸造家、ジャンベルナールデルマスは、最近シャトーモントローズを管理し、83歳で亡くなりました。

ステンレスタンクの導入ボルドーのワイン造りを近代化したジャン・ベルナール・デルマス氏。
自ら責任者を務めるボルドー格付け1級のシャトー・オー・ブリオンを始め、
ラ・ミッション・オー・ブリオン、シャトー・モンローズなどの一流シャトーのワイン造りに携わりました。
彼が手掛けたワインは、シャトー・オー・ブリオンで7回、ラ・ミッション・オー・ブリオンで4回、
そしてシャトー・モンローズでは2回、パーカーポイント100点を獲得しています。

 

カゴメ、トマト専門から「野菜の会社」へ 新商品も工夫

カゴメの新社長に内定した山口聡取締役常務執行役員(58)が、名古屋市の本社で記者会見した。「国内は人口減少が進み、食品業界でも淘汰(とうた)が進む。(主力のトマトだけでなく)野菜の会社に変わり、持続的に成長できる企業になる」と抱負を語った。主力のトマトケチャップやジュースなどに加え、それ以外の野菜を使った新商品の開発を進めると強調した。

トマトケチャップは約60%、野菜ジュースは約55%の国内シェアを誇るカゴメ。
トマトで培ったさまざまなノウハウで、トマト以外の野菜の商品とは、どの様な物が楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 今週の野菜とワインのニュース【9/23~】

  2. 今週の野菜とワインのニュース【7/19~】

  3. 今週の野菜とワインのニュース【6月10日~】

  4. 今週の野菜とワインのニュース【9/9~】

  5. 今週のワインと野菜のニュース【5月24日~】

  6. 今週の野菜とワインのニュース【7月15日~】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。