カボチャとツナのパン粉焼きはピノ・グリで!

簡単に作れて、ボリュームもあって、見た目も豪華。
普段のおつまみにも、おもてなし料理にも使える、白ワインとの相性が抜群の料理です。

カボチャとツナのパン粉焼き

一目でわかる4行レシピ
【材料:2人前】
・カボチャ:300g(一口大にカット)
・プチトマト:10個
・ツナ缶:1缶
・バター10g
・パン粉
・粉チーズ
・塩コショウ

【作り方】
①カットしたカボチャはレンジで加熱(500Wで3分程)
②①にバターを入れてざっくりとかき混ぜ、塩コショウで味を調える
③②を耐熱容器に入れてツナ缶、トマトを入れ、上からパン粉と粉チーズを振りかける
④トースターでこんがりするまで焼く(5分程)

【ポイント】
・トースターでは焼き目を付ける程度なので、カボチャはレンジでしっかりと加熱してください。

ワインはピノ・グリ!

甘味のあるカボチャには、同じく甘味のあるワインが良く合います。
リースリングやゲヴェルツトラミネールなども良いのですが、
今回はトマトとツナの味もしっかりとしてるので、ボリューム感のあるピノ・グリの白ワインがおすすめです。

ピノ・グリというブドウ品種は、赤ワイン用のブドウ品種であるピノ・ノワールが突然変異したブドウ品種です。
そのため、白ワインでありながら赤ワインのようなボリューム感を感じます。
フランス・アルザス地方やドイツ、イタリアなどで栽培されていますが、
より味わいがハッキリとしたニュージーランドのピノ・グリを選んでみては。
甘味と酸味のバランスが取れたピノ・グリは、カボチャの甘味、トマトの酸味、ツナの旨味とピッタリと合うはずです。

カボチャとワインの合わせ方

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. カブの葉のニンニク炒めはタヴェル・ロゼで試してみて!

  2. 夏野菜・ズッキーニのピカタに白ワインは?

  3. タケノコのオイル漬けは、プロセッコで行くか…

  4. ルッコラのそばサラダはソーヴィニヨン・ブランで!

  5. トウモロコシのチーズお焼きは、チリの白ワインで!

  6. シメジのリゾットはソアーヴェ・クラシコで!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。