【おすすめワイン本】葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話

葡萄酒物語: ワインをめぐるとっておきの17話
文:安齋喜美子 絵:宇野亞喜良

目次
1.わかちあう悦び
・幸せの黄色いラベル
・神の賜物
・もうひとりの英雄

2.心の痛みが消えるまで
・世にも美しい「気つけ薬」
・小さな薔薇の記憶
・異邦人の救世主
・「憂いを払う」という名のシャトー

3.終わりよければすべてよし
・成功か大破壊か
・華麗なる逆転劇
・強き物、汝の名は「母」

4.栄光に包まれて
・「かわいい」の王国
・勇者の時代
・天才の引力
・悪魔を「星」に変えた修道士
5.魅力あふれる名脇役
・「ベルばら」的ワイン考察
・元祖ボンドガール
・ワイン選びのバイブル

タイトル通り、歴史上の人物とワインに関わる17の物語です。

歴史の古い、著名なワインにはそれぞれ物語があります。

グレース・ケリー、ルイ14世、ナポレオン、ポンパドゥール夫人、マリーアントワネット…
歴史上の人物は、どのようなワインを、どのような思いで飲んでいたのかを知ると、
なんだかワクワクしてきますよね。

1本1本のワインに秘めた、歴史的な物語をドキドキしながら読むことができます。
歴史上の出来事にワインが深く関わっている事は、何となく知ってはいましたが、ここまで深く関わっていたのか・・・と驚くことも沢山ありました。
歴史上の出来事、芸術の世界、当時の文化など色々と想像しながら読み勧めると、知っているワインもまた違って見えてきます。

 

グレース・ケリーに元気を与えたシャンパーニュ
コッポラを魅了したカリフォルニアワイン
ポンパドゥール夫人の最強のリベンジワインである、ボルドーワイン

どのワインも非常に高級ワインですが、頑張れば飲めなくは無いワインです。
特別な機会があれば、歴史上の人物と関わりのあるワインを、その物語を思いながら飲んでみるのもいいですよね。

 

本編の最後に、登場したワインの情報があるのも、とても興味深いです。

f:id:tsuritsuri:20170826172031j:image
ちなみに登場したワインは…

ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット
モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル 
クリュッグ グランドキュヴェ 
ルイ・ロデレール
シャトー シャス スプリーン
ルビコン・エステート
シャトー ラフィット ロートシルト
などなど…
シャンパーニュが多いです。
やはり、シャンパーニュは限られた場所で作られる、非常に手の込んだ贅沢なワインなので、魅了される人、素敵な物語も沢山あるのでしょう。

f:id:tsuritsuri:20170826172046j:image また、挿絵もきれいで読む進めるうちに、その世界に飛び込んで行くようです。

ワインに興味のある人はもちろん、歴史、芸術に興味がある人にも、
是非読んで頂きたい本です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. お好み焼きにワインならシラーはどうだろう?

  2. 月面でワインを飲んでいた?【7月20日は月面着陸の日】

  3. トランプ大統領のワイン…歴代アメリカ大統領とワインについて

  4. ピノ・ノワール

    ワインラヴァー永遠の憧れの高級ぶどう品種「ピノ・ノワール」

  5. 魚介に良く合う辛口白ワイン用のぶどう品種「ミュスカデ」

  6. カレーとワインを合わせてみよう【6月2日はカレー記念日】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。