ボトルの形でワインの味がわかる?!

ワインは世界各国で生産されていて種類も様々です。
だから、よっぽどワインが詳しい人じゃないと、ボトルを見ただけでそのワインがどのような味のワインなのかなんてわかる訳がない…
でもボトルの形で、どのようなタイプのワインなのか、ある程度分かる事ができます。

ワインのボトルの形には大きく分けて4種類あります。

ボルドー型

いかり肩のボトルです。
ボルドー地方ではほとんどがこの形のボトルで、イタリア、スペインでも広く使われています。
赤ワインの場合はボルドー品種(カベルネ・ソーヴィニョン、メルローなど)が使われているので、重めの赤ワイン。
白ワインの場合は、ソーヴィニョン・ブランやセミヨンを使った爽やかなタイプの白ワインが多いです。
ボルドータイプの赤ワインは熟成すると澱(オリ)が出てくるので、注ぐときにボトルの肩の所で澱が止まるようにできています。

ブルゴーニュ型

なで肩タイプのボトルです。
ブルゴーニュ地方のほかに、コート・デュ・ローヌ地方、ロワール地方でも使われています。
赤ワインの場合は、ピノ・ノワールのように渋みが少ない赤ワイン。
白ワインの場合は、シャルドネのようなキレのあるしっかりとしたタイプの白ワインが多いです。
単一品目のブドウで造られるワインが多いです。

ライン・モーゼル型

スラリとしたなで肩です。
ドイツワインはほとんどがこのタイプです。アルザス地方、オーストリアでも使われています。
赤ワインの場合は、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)のワインで、渋みがすくない辛口~甘口ワイン。
白ワインの場合は、リースリングやゲヴェルツトラミネールのような、香りが華やかでフルーティな白ワインが多いです。

シャンパン型


シャンパンを始め、世界的にスパークリングワインはこのタイプのボトルが使われています。
ガス圧に耐えられるように、ガラスが厚く作られています。

その他、円盤型のボトルのドイツのフランケンワインや、底が球状に近い形で藁で包まれているイタリアのキャンティなど、世界中にはいろいろなワインボトルがあります。
しかし、上記4種類を覚えておけば、自分の好みのワイン売り場に近づける事でしょう。

ワイン入門へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 古くからあるお酒、ワイン

    古くから人類に愛された歴史あるお酒、ワイン

  2. 気をつけて!「ワイン通」が嫌われる5つの理由

  3. 意外と難しい、お酢とワインの相性

  4. ワインに詳しくなりたい…まずは主なブドウ品種だけ覚えよう

  5. ワインの名言【シャンパーニュ編】

  6. ワイン豆知識まとめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。