ワインの賞味期限は?【ワインの飲み頃】

 

「ワインは寝かせれば寝かせるだけ美味しくなる…」
と思われがちです。

何でもワインは熟成できるの?
そもそもワインに賞味期限は無いの?

数年前の頂き物のワインまだ飲めるかな…
生まれ年のワインを貰ったけど、いつ飲めば良いのか…

ワインの賞味期限について、今まで「ぼや~」っとしていた疑問にお答えします。

 

ワインに賞味期限は無い?

そもそも賞味期限とは、比較的劣化の遅い食品に記載されるメーカーの保証期限の事を指します。
(消費期限は、劣化の早い食品が対象)
お酒の場合は、本来賞味期限を表記すべき食品ではありますが、
ワインに限らず、ビールなどのアルコール度数の低い物以外は、基本的にお酒に賞味期限は設けられていません。
アルコール分が多いと菌の繁殖がしにくいからです。
また、お酒の種類によっては熟成すると美味しくなる物があったり、
保存状態などの環境によって品質が変ってしますので、一律に賞味期限を設ける事ができません。

「ワインだけが賞味期限が無い」のでは無く、「多くのアルコールには賞味期限が無い」という事になりまね。

賞味期限が無いからと言って、いつまでも美味しいかというと、そうとも限りません。
熟成すればもっと美味しくなる場合もありますが、
腐らないだけであって、味わいや香りなどが劣化している事があります。
特にワインは、種類によってこの部分が顕著に現れるので、気をつけなければなりません。

ワインの飲み頃を知る

全てのワインが熟成をすれば美味しくなる訳ではありません。
ワインによってそれぞれ「飲み頃」が違うので、
ワインのラベルのヴィンテージ(ブドウの収穫年)から何年ぐらいが飲み頃かを知る必要があります。

購入の際、そのワインの飲み頃を聞く事が一番確実ですが、
それが出来なかった場合、飲み頃の目安として…

・スーパーやコンビニの低価格のワイン:なるべく早く飲む
・スパークリングワイン:なるべく早く飲む
・白ワイン:1~2年以内
・赤ワイン:2~3年以内

と考えておくのが無難です。

あくまで一つの目安ですが、
5000円以上のワインならもう2~3年以上熟成は可能かと思われます。
もちろん、10年以上熟成できるワインも沢山ありますが、
その場合ワインセラーでしっかりと熟成させる必要があります。
熟成する事もワインの楽しみの一つではありますが、
それについてはまた改めて…。

それよりも状態の良い飲み頃のワインを購入したほうが、
確実で安心して楽しめます

「まだまだこのワインは寝かせた方が良いな…」と言ってみたい所ですが、
確実に美味しくワインを楽しむのでしたら、なるべく早く飲む事をおすすめします。

もしご自宅に、古いワインがあったら…なるべく早く飲んでしまいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 爽やかで辛口な白ワインとして人気のぶどうの品種「ソーヴィニヨンブラン」

  2. ツナ・ピクルスの冷やしトマト【ロゼワインを飲もう!】

  3. 3月に美味しい野菜レシピとワイン!

  4. これぞ赤ワイン!強い渋みと力強さのカベルネ・ソーヴィニヨン

  5. 残ったワインの活用方法①【リンゴの赤ワイン煮】

  6. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【貴腐ワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。