小松菜のオイスターソース炒めに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

小松菜を使った料理は色々ありますが、
やっぱり一番はオイスターソース炒め!
シャキシャキした歯ごたえと、オイスターソースの旨味が良く絡んで、
ビールが進みます!!

いやいや、ワインでも楽しめますよ!
作り方は普通のオイスターソース炒めですが、
仕上げにバターを溶かしてワイン向きの味に。
小松菜とエリンギの美味しさが、
オイスタソースで倍増されるおつまみです。

小松菜とエリンギのオイスターソース炒め

一目でわかる4行レシピ

【材料:2人前】
・小松菜:1P(約200g:5㎝にカット、茎を葉を分ける)
・エリンギ:2本(5㎝のイチョウ切り)
・ニンニク:1片(みじん切り)
・オイスターソース:大さじ2
・酒:大さじ1
・オリーブオイル
・バター:5g
・塩・胡椒

【作り方】
①オリーブオイルでニンニクを炒めて、香りが出たら茎とエリンギを炒める(強火~中火)。
②茎がしんなりしたら、葉を入れて、オイスターソースと酒を入れて炒める
③ソースが全体に絡んだら、塩・胡椒で味を調える
④バターを入れてざっくり混ぜたら出来上がり

【ポイント】
・ニンニクは低温から炒めた方が香りが良いです
・ベーコンを入れるともっと美味しくなります

 

ワインはロゼ?赤でも!

中華料理と合わせる定番のワインと言えば、ロゼ!
一つの料理で、沢山の具材と調味料を使う中華料理には、
赤でも白でもないロゼワインが合わせやすいです。

オイスターソース炒めも例外ではありません。
特に南フランスなどの温暖な地域のロゼは、
果実味が豊富で飲み応えもあるので、味付けの濃い炒め物にピッタリです。

南フランスの名門・シャプティエ社が作る、カジュアルなロゼワインです。
スパイシーなブドウ品種、グルナッシュやシラーを使ったロゼワインは、
スムーズに飲める気軽さもありますが、
しっかりとした飲み応えでオイスター炒めに良く合います。

ロゼだけでなく、グルナッシュやシラーを使った赤ワインも、
オイスターソース炒めとの相性が良いです。


同じくシャプティエ社が作る、コード・デュ・ローヌ。
甘味を感じる程の濃縮感を感じる赤ワインは、
旨味の強いオイスターソースで炒めた、
小松菜の美味しさをより引き立ててくれます。

渋みや酸味が強い赤ワインの場合、
オイスターソースの香りが生臭く感じる場合があるので、
少し注意が必要です。

その他のワインは、やっぱりスパークリングワイン!
旨味が強いオイスターソースには、
同じく旨味成分が強いスパークリングワインが良く合います!

 

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. 焼きネギのコンソメ煮に合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  2. ダイコンと生ハムのサラダに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  3. ダイコンのガーリックステーキに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  4. カボチャとツナのパン粉焼きに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  5. カリッと香ばしい…エノキのガレットに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  6. ナス味噌炒めに合うワインは?【野菜のおつまみレシピ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。