「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【カヴァ】

世界三大スパークリングワイン

手頃なスパークリングワインの代表と言えばスペインの「カヴァ」。
フランスのシャンパーニュ、イタリアのプロセッコに次ぐ販売本数を誇る、
世界三大スパークリングワインの1つです。
カヴァとはカタルーニャ語で「洞窟」を意味し、特定の産地の名称ではなく、
カタルーニャ州中心にバスク州、バレンシア州など異なる産地がカヴァとして認められています。

 

カヴァの特徴

気軽に飲める印象が強いカヴァですが、
シャンパーニュと同じ伝統的製法である瓶内二次発酵でしっかりと作られています。
その為、泡が細かく、旨味成分の豊富なで、様々な料理と合わせやすく、
人気の高いスパークリングワインです。

ブドウ品種としては、白ブドウが、
フルーティーで爽やかさのあるマカベオ、ミネラルとフレッシュさのあるチャレッロ、花のような香りのパレリヤーダなど。
黒ブドウは、ガルナッチャモナストレルトレパットなどが使われています。
外来品種のシャルドネピノ・ノワールも認められ、様々なスタイルのカヴァが楽しめるようになりました。

シャンパーニュと比べると、比較的温暖な地域で生産されるので、
果実味が強く、酸味が穏やかで、親しみやすいスパークリングワインです。

カヴァの種類

カヴァと言っても、ブドウ品種の違いや生産地の違いなど、様々な種類のカヴァがありますが、
熟成期間や製法などの規定が定められています。

熟成期間
・レゼルヴァ…瓶詰から澱引きまでの瓶貯蔵・熟成期間が15ヶ月以上。
・グラン・レゼルバ…瓶詰めから澱引きまでの瓶貯蔵・熟成期間が30ヶ月以上。瓶詰から出荷までボトル替えが禁止。
・カヴァ・デ・パラヘ・カリフィカード…特級畑に相当する、カバの単一畑。瓶貯蔵・熟成期間が36ヶ月以上で、単一年のブドウのみで作られる。

熟成期間が長いほど、複雑な香りと味わいに深みが出ててきます。
もちろん価格も上がります。

残糖量
・ブリュット・ナチューレ(3g/l未満)…超辛口
・エクストラブルット(0~6g/l)
・ブルット(12g/l)
・エクストラ・セコ(12~17g/l)
・セコ(17~32g/l)
・セミセコ(32~50g/l)
・ドゥルセ(50/l超)…甘口
多くのカヴァがエクストラブリュットか、ブリュットです。
辛口好きの方はブリュット・ナチューレを、甘口が好きな方はセコなどを探してみても良いかもしれません。

ロゼ…以上のすべてのカヴァに、ロゼが認められています。シャンパーニュと違い、ブドウ果皮を漬け込んで抽出するセニエ法で作られています。

カヴァを楽しむ!

カヴァは手頃な物が多いので、デイリーワインとして楽しむ事ができます。
シャンパーニュ同様、旨味の強い料理との相性が抜群ですが、
比較的お料理を選ばず楽しめます。
また、ワイン好きの方から、ワインに親しみの無い方まで、
幅広く楽しめるので、パーティーや手土産にもピッタリです。

お気に入りのカヴァを見つけて、多めにストックをしておけば、
様々なシーンで大活躍すること間違いなしです。

カヴァに良く合う野菜レシピ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 3月に美味しい野菜レシピとワイン!

  2. ホットワインでクリスマス気分!【飲み残しワインの活用③】

  3. ワインを楽しむ

    ワインを楽しむ豆知識 ワインの健康へのメリット

  4. 情熱の国、スペインが生み出したワイン

  5. 家飲み充実企画!コンビニグルメとワイン【ホットスナック編】

  6. スパイシーなアロマが特徴・白ワイン用ぶどう品種「ゲヴェルツトラミネール」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。