サラ・ジェシカ・パーカーのコラボレーションワイン+自然派オレンジワイン

【サラ・ジェシカ・パーカー】コラボレーションワイン

「セックス・アンド・ザ・シティ」で有名なハリウッド女優であり、ニューヨークのアイコン的存在、【サラ・ジェシカ・パーカー】と、
ニュージーランドの名門ワイナリー【インヴィーヴォ】とタッグを組み、特別なワインをリリースしました。
サラ・ジェシカ・パーカーが深くワインメイキングに関わり、自身の感性を通して追求したテイストのワインです。

①インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨンブラン
ワイナリー名:インヴィーヴォ
生産国:ニュージーランド
産地:マールボロ
ヴィンヤード:ワイラウ、アワテレ
葡萄品種:ソーヴィニヨンブラン100%
ヴィンテージ:2019
アルコール度数:13%
容量:750ml

グレープフルーツやパッションフルーツ、ライムの香りが立ち昇る。
芳醇なフルーツ感が広がる味わいで、みずみずしさとふくよかさがバランスよく調和し、綺麗な酸味がテイストを見事に引き締めています。

マールボロの5つの個性的なヴィンヤードのからのワインを絶妙にブレンド。
ワイホパイヴァレーのパワフルなテイストに、ウエスタンワイラウのピュアでアロマティックなフルーツ感、
そして冷涼なダッシュウッドの綺麗な酸味とタイトな質感が調和しています。
SOUTHERN CROSS ホームページより】

 

②インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ロゼ
ワイナリー名:インヴィーヴォ
生産国:フランス
産地:プロヴァンス
葡萄品種:サンソー47.5%、グルナッシュ47.5%、シラー5%
ヴィンテージ:2019
アルコール度数:12.5%
容量:750ml

透明感のあるバラの香りにイチゴやラズベリー、ブルーベリーなどのチャーミングなキャラクター。
ミネラル感とフレッシュさが全体を包み込みます。
素晴らしい複雑味とエレガンスが感じられ、
幅広い料理と合わせていただける懐の広さがあります。とっても美味しい!!

インヴィーヴォのワインメーカー、ロブ・キャメロンがプロヴァンスの高品質なブドウのポテンシャルを最大限に生かして醸造に取り組みました。
サンソー、グルナッシュ、シラーのロゼのベースワインをサラ・ジェシカ・パーカーの感性を通して最終的な味わいに仕上げています。

「私は真のワイン愛好家であり、家族の夕食や友人との集まりにワインを飲むのが大好きです。
このプロジェクトは私にとって非常にエキサイティングです。私はあらゆる取り組みを楽しみました。」
サラ・ジェシカ・パーカー

 

SOUTHERN CROSS ホームページより】

 

動植物が共生するオーガニックファームのオレンジワイン

③ラブブロック オレンジ ソーヴィニヨンブラン
ワイナリー名:ラブブロック
生産国:ニュージーランド
産地:マールボロ
ヴィンヤード:アワテレヴァレー100%
葡萄品種:ソーヴィニヨンブラン100%
ヴィンテージ:2019
アルコール度数:12.8%
容量:750ml

ほんのりオレンジがかったソーヴィニヨンブランは、アプリコットやサフラン、オレンジの皮、グレープフルーツなどの香り。
ソーヴィニヨンブランらしいハービシャスさも心地よく、りんごのニュアンスも感じます。
味わいはふくよかで優雅な果実感をマイルドなタンニンがキリッと引き締めています。
ミネラル感も豊富でテクスチャーのしっかりした仕上がりです。
全てのプロセスでSO2は無添加です。

マールボロ地区アワテレヴァレーでオーガニックにこだわった葡萄を使用。
海面150mの高い丘の上のヴィンヤード。
強風吹き荒れる嵐の大地とも呼ばれるヴィンヤードから、
生命力に溢れる小さいくて強い香りと風味の豊かな葡萄が収穫されます。

ラブブロックでは全てのワインに対してSO2の使用を減らす工夫をしており、
常に酸化防止剤の代替えとなるプロセスも模索しています。
2018年に初生産したこのワインでは、緑茶の成分のみをSO2の代替えとして極少量使用しました。

Vegeage Mecheでは、
以上3本の詰め合わせをお作りして、
特別価格にての販売を開始しました。
詳しくはコチラ→【白、ロゼ、オレンジワイン詰め合わせセット】

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. 情熱の国、スペインが生み出したワイン

  2. 意外と難しい、お酢とワインの相性

  3. 平和のワイン

  4. モンラッシェだけどモンラッシェじゃない【白ワインの王様・モンラッシェ】

  5. 禁酒法とワイン

  6. 実は気が付かずに飲んでいるブドウ品種「グルナッシュ」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。