夏野菜・ズッキーニのピカタに白ワインは?

6月に入り、ズッキーニが野菜売り場に並ぶようになりました。
ズッキーニは、メキシコ原産のウリ科カボチャ属の夏野菜。キュウリの仲間のようで、実はカボチャの仲間です。
カボチャの仲間とは言え、カロリーは低いのでダイエットにも効果的です。
食物繊維、βカロチン、カリウム、カルシウム、などの栄養素が多く含まれており、疲労回復や肌荒れに効果があります。

フランス料理やイタリア料理でも良く使われている、洋食で大活躍のズッキーニ。
油との相性がよく、コクのある味なのでワインと合わせやすい野菜です。

ラタトゥイユやカポナータも良いのですが、今回はズッキーニだけの料理にしてみました。

ズッキーニのピカタ

ピカタとはイタリア料理で、肉や魚に溶き卵をつけて焼いた料理の事を言います。

一目でわかる4行レシピ
【材料】2人前
・ズッキーニ:1本(厚さ1㎝斜めに輪切り)
・卵:1個
・小麦粉:大さじ2
・パルメザンチーズ:大さじ2
・塩コショウ
・オリーブオイル
・イタリアンパセリ

【作り方】
①ズッキーニに塩コショウをふって、小麦粉とパルメザンチーズをまんべん無くまぶす
②溶き卵に①をつけ、オリーブオイルを弱火~中火で熱したフライパンで両面を焼く
③両面に焼き目がついたら、もう一度溶き卵につけてもう一度、両面を焼く
④きつね色に焼き目が付いたら、パルメザンチーズとイタリアンパセリを振りかける

【ポイント】
・ズッキーニをフライパンで焼く時、動かし過ぎると卵がうまく固まらず仕上がりが悪くなります

ワインは少しコクと香りのある白ワインを

玉子料理にワインは合わない…などと言われていますが、関係ありません。
玉子でコーティングされた、ズッキーニには旨味とコクが閉じ込められています。
なので、少しコクと香りがある白ワインを選びたい所ですね。

樽の香りがきいたシャルドネも良いのですが、ここは南フランスのヴィオニエにしてみては。
ヴィオニエは、主にフランス南東部のローヌ地方で栽培されている白ブドウです。
シャルドネに迫るほどのコクがありながら、穏やかな酸味とフローラルな香りが特徴的な白ワイン。
ズッキーニのピカタにピッタリなワインです。

一目でわかる白ワインぶどう品種の特徴


パーカーポイント100点を40回以上獲得している、ローヌのカリスマ生産者ミシェル・シャプティエが作るワイン。
”宇宙の力”を作物の栽培に活かしていく、ビオディナミ(バイオダイナミクス)農法で栽培されたヴィオニエ100%のワインです。
シャプティエのワインは、すべてのワイン愛好家にワインを楽しんで頂けるように、すべてのワインに点字ラベルを採用しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. ルッコラのそばサラダはソーヴィニヨン・ブランで!

  2. インゲンと豚小間肉の赤ワイン炒めにはカベルネ!

  3. シイタケのエスカルゴ風【シイタケとワイン】

  4. 夏野菜のカマンベールチーズフォンデュとシャンパーニュ

  5. タケノコのオイル漬けは、プロセッコで行くか…

  6. 柿とルッコラのサラダ【柿に合うワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。