ダイコンとワインの合わせ方【ワイン×野菜図鑑】

 

ダイコン

和名:大根
科・属性:アブラナ科・ダイコン属
原産地:中央アジア、地中海沿岸
旬:11月~3月
栄養素:ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維
効果:整腸作用、消化促進、美肌効果

日本最古の野菜の一つダイコン。
漬物、サラダ、煮物、薬味と和食では欠かす事が出来ない野菜ですが、
実は原産は、中央アジアから地中海沿岸と言われています。

葉も根も皮も捨てる事無く美味しく食べられて、栄養豊富。
色々な調理方法ができるので、ワインとも合わせやすい野菜です。

ダイコン豆知識

・葉と根はすぐに切り分ける
葉が付いたダイコンを購入したら、すぐに切れ分けましょう。
葉から水分が蒸発してしまいます。

・場所によって辛さが違う
ダイコンは首から先端に向かうほど、辛さが増してゆきます。
辛みの少ない首の部分はサラダなどに、
辛みも形もバランスの取れた中間部分は煮物に、
辛みの強い先端は薬味などに適しています。
ダイコンを一本丸ごと買ったら、上から下まで楽しみましょう!

ワインと相性の良いダイコンの食べ方

ダイコンは水分が多い野菜で、味がサッパリしているので白ワイン…
と思いがちですが、そうとも限りません。
ダイコンを生のまま食べるのでしたら、白ワインが良いですが、
加熱すると出汁や他の食材の旨味が染み込むので、
コクのある白~重めの赤ワインまで合わせられます。
また、加熱すると根菜類特有の香りが出て来るので、
赤ワインで合わせた方が良い場合もあります。

煮物→味付けに合わせて泡~赤
おでんのようにシンプルな味付けの煮物だったら、シャンパーニュか甲州。
ふろふき大根のように味噌をかけたら、ピノ・ノワールのような軽めの赤。
ブリ大根のように、味が濃くてコクがある場合は、軽めの赤~メルローなどの少し重めの赤も
良く合います。

炒め物→ピノ・ノワール、カベルネ・フラン
豚肉など肉類と一緒に炒めた場合は、煮物よりも味が濃くなる事が多いので、
より重めの赤ワインが合わせやすいです。
ピノ・ノワールやカベルネ・フランのように、
土のような香りがする赤ワインがおススメです。

ダイコンステーキ
ステーキも炒め物と同じように濃いめの赤ワインが良く合います。
とくにスパイシーなシラーなどが合わせやすいです。

 

ワインに合うダイコンのおつまみレシピ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
友だち追加で「ワイン虎の巻」をプレゼント中!! 友だち追加
スポンサードリンク

関連記事

  1. カブとワインの合わせ方【ワイン×野菜図鑑】

  2. キャベツとワインの合わせ方【ワイン×野菜図鑑】

  3. ブロッコリーとワインの合わせ方【ワイン×野菜図鑑】

  4. ワイン×野菜図鑑 マッシュルーム

  5. ニンジンとワインの合わせ方【ワイン×野菜図鑑】

  6. ワイン×野菜辞典 オクラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。