菜花とツナのマスタード和えに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

 

独特のほろ苦さと香りと彩で、
春の訪れを告げる緑黄色野菜の菜花。
菜の花のつぼみと若葉と茎の部分をナバナと言います。

冬のなまった体に必要な栄養素が沢山入った菜花。
花が咲き始めると味が落ちてしまうので、
本格的な春が来る前に美味しく頂きましょう。

菜花の香りと苦味を楽しむのなら、やはりお浸しか和え物。
少し洋風の和え物で、よりワインに合わせやすいおつまみです。

菜花とツナのマスタード和え

【材料:2人前】
・菜花;1束
・ツナ缶:1缶
・オリーブオイル:大さじ1
・粉チーズ:大さじ1
・粒マスタード:大さじ1
・醤油:小さじ1
・塩

【作り方】
①菜花は茎から茹でて、しんなりしたら全体を茹で、水にさらす
②良く絞って一口大にカットする
③ボウルで②とオリーブオイル、粉チーズ、マスタード、醤油を入れて良く混ぜる
④③にツナ缶をいれてざっくり混ぜたらできあがり

【ポイント】
・茹ですぎると歯ごたえが悪くなるので注意

ワインは春らしくロゼ…

春を告げる野菜をロゼで合わせる…
想像するだけで楽しい気分になってきます。

ほろ苦い菜花の味を際立たせるには、少し酸味のあるロゼワインが良さそうです。

南フランスのスター生産者・ジェラールベルトランのロゼワイン。
バラをモチーフにしたボトルが目を引きますが、味も香りもバラに負けない華やかさです。
フレッシュで軽やかさだけでなく、南仏らしいコクも兼ね備えたロゼワインは、
ツナと旨味と菜花の香りに好相性です。

ロゼのスパークリングワインも外せません。

スペインのカヴァなら、手頃な価格でもキメの細かい泡と、
キリッとした飲み口を楽しめます。
はじけるロゼの泡を眺めながら、春を告げる野菜を食べて、
一足早く春を感じる事ができそうですね。
The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. フキの煮物に合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  2. キュウリとサーモンのチーズ巻きに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  3. タケノコのオイル漬けに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  4. チンゲン菜とシメジの塩炒めに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  5. エノキのアンチョビオイル和えに合うワイン【野菜のおつまみレシピ】

  6. 超簡単なピーマンの肉トマチーズ詰めに合うワインは?【野菜のおつまみレシピ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。