成人式を迎える人の2000年ワイン【生まれ年ワインの購入】

2000年ヴィンテージのワイン

今年成人式を迎える方の生まれ年、2000年のワインをまとめてみました。
成人祝いに生まれ年のヴィンテージのワインを飲む…
素敵な大人になれそうです。

ワインは熟成すれば美味しくなるお酒ですが、すべてのワインが美味しくなるとは限りません。
ある程度高品質なワインでないと、20年の熟成に耐えられないからです。
また、年によって評価の高い生産国(地域)もあるので、そこを押さえておく必要があります。

フランスワイン

2000年のフランスワインは歴史的に素晴らしい年になりました。
特にボルドーワインの評価が高く、格付けシャトーは節目の年のミレニアムビンテージとして、
ご祝儀相場として高価に取引されているワインもあります。

ギフトとして人気の高い、シャトーカロンセギュールはいかがでしょうか?
18世紀、格付け1級のラフィットやラトゥールをはじめ、いくつもの有名なワイナリーを所有していたセギュール候爵が、
「ラフィット、そしてラトゥールでもワインを造ってきたが、私の心はここ、カロンにある」と述べ、
「カロン・セギュール」に情熱がこの「ハートラベル」に込められています。

そして2000年のボルドーワインの中で、ワインの出来も価格も「破格」とされているのが、シャトームートンロートシルト。
エチケットは特別に、ドイツ人金細工職人ヤコブ・シュナウアーによる1590年頃の作品である「アウクスブルクの牡羊」が飾られています。

イタリアワイン

2000年のイタリアワインも非常に評価の高い、秀悦な年です。
特にトスカーナ州とピエモンテ州ワインの評価が非常に高いです。

「ワインの王」と伝統的に珍重されている「バローロ」。
そのバローロの歴史を担ってきた、立役者ドメニコ・クレリコが作る最高の年のバローロです。
長期熟成型のフルボディタイプの赤ワインで、滑らかでしっかりとしたタンニンとエレガントで長い余韻を楽しむ事が出来ます。

 

デザートワインがおすすめ

20年熟成したワインは高価な物が多いので、なかなか手がでません。
しかも20年熟成したワインは、慣れていない人には美味しいと感じるとは限りません。
成人したばかりの人には中々難しい味になるでしょう。
また、20年経っているので、ワインの状態が悪くなっている可能性もあります。

がんばって2000年の高いワインを購入したけど、飲んでみたら、
「あれ?これでいいの?」
と思ってしまう可能性は低くありません。

そんな不安があるのならば、デザートワインがおススメです。
・甘味が強いので、通常のワインよりもダメージを受けにくい(長期熟成に適している)
・初めて飲む人でも比較的飲みやすい
・一度開栓してもしばらく冷蔵庫で保存できる
という点で、安心して生まれ年のワインを購入する事ができます。


世界の高級ワインの一つとして有名な、トカイワイン。
フランス国王、ルイ14世がトカイの貴腐ワインを「王のワインにしてワインの王」と称したことによって多くの王侯貴族に愛されたワインワインです。
綺麗な黄金色で、深い甘味と綺麗な酸味、そしていつまでも続く華やかで複雑な香りを楽しむ事が出来ます。

普段ワインに興味が無い方も、節目の年として、
ちょっと高価なワインにチャレンジしてみるのも良いですね。
素敵な大人への第一歩になるのでは無いでしょうか?

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【キャンティ】

  2. ボトルの形でワインの味がわかる?!

  3. カジュアルと最高級の両方の顔を持つ、赤ワイン品種「メルロー」

  4. 「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【カヴァ】

  5. 夏はロゼ・パンで、ロゼワインを楽しもう!

  6. Amazonでワインを買う時のポイント【ワインの豆知識】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。