「これだけは知っておきたいワイン」を簡単に説明【スーパータスカン】

 

イタリアのワインで、「スーパータスカン」または「スーパートスカーナ」と呼ばれている物があります。

イタリアワインが好きな人だけでなく、
ワイン好きには、五大シャトーオーパスワンなどに並ぶ、
憧れのワインと言っても良いかもしれません。

スーパータスカンとは

スーパータスカンとは、イタリア・トスカーナ州で生まれた近代的なスタイルのワインの事です。

イタリアの伝統やワイン法にとらわれずに作られているため、
DOCGやDOGの格付けが認められません。

しかし「美味しさ」を追求したこのワインは、
伝統的な格付けが無くても世界的に高い評価を受け、
高い格付けのワインよりも高価になる事もあります。

スーパータスカンの始まり

スーパータスカンは1940年代のトスカーナ州ボルゲリから始まります。
ある生産者がフランス・ボルドーのカベルネ・ソーヴィニヨンを植えて、ボルドースタイルのワインを作りました。

【イタリアの土着品種】+【ボルドーのブドウ品種】という、
イタリアでは今までにないワインの作り方です。

当時ボルゲリでは、土着品種を使った白ワインかロゼワインしかDOCとして認められないので、
カベルネ・ソーヴィニヨンを使ったこのワインは、格付けの最下級に当たるテーブルワインとして販売されました。

しかしこのワイン「サッシカイア」は世界で高い評価を受けて、
テーブルワインでありながら、DOCやDOCGのワインよりも高く売られるようになってしまったのです!
(のちにDOCボルゲリ・サッシカイアが作られました)

「サッシカイア」の高い評価によって、
1970年代には次々と新しいワインを作る生産者が現れ、
「オルネライア」や「ソライア」、そして「ルーチェ」など、
数々のスーパータスカンが生まれました。

 

スーパータスカンの功績

スーパータスカンの登場により、閉鎖的と言われていたイタリアに新しい流れをもたらし、
イタリア全体のワインの品質が向上したと言われています。

伝統や決まりにとらわれず、
自分たちのスタイルを貫くイタリア人らしい発想が、
イタリアワインの発展をもたらした事になりますね。

「有名なワイン」を簡単に説明

 

 

 

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. お正月に飲みたい!干支のワイン【令和2年ねずみ】

  2. 寒い日はホットワインでホカホカに!【飲み残しワインの活用③】

  3. チリ

    パワフルでコスパが高い…だけじゃない!チリワイン

  4. ワインを飲む際のマナーを身につけて、ワンランク上のワインライフを楽しもう

  5. 意外と難しい、お酢とワインの相性

  6. 種類別・鍋料理に合うワイン【定番野菜料理とワイン】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。