ラグビーの強豪国はワインも美味しい?!【ラグビーにちなんだワイン】

 

 

ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、フランス…
ラグビー強豪国はワインの名産地と重なります。
ラグビーワールドカップ2019日本大会の出場国中の半分の国がワインの生産地です。
ラグビーとワイン生産国の直接的な因果関係は無いかもしれませんが、
ラグビーに関係するワインはいくつかあります。

ハカ ソーヴィニヨンブラン(ニュージーランド)

 

HAKA(ハカ)とは、マオリ族の戦士が、戦いの前に手を叩き足を踏み鳴らして自らの力を誇示して、相手を威嚇する踊りです。
ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が国際試合前に行う民族舞踊として有名です。
「飲む人すべてに元気になってもらいたい!」という願いが込められており、ラベルには、踊りのポーズがモチーフとしてデザインされています。
ここ数年人気の高い、ニュージーランド・マルボロ地区のソーヴィニヨンブランを使った白ワイン。
グレープフルーツのような柑橘系の香りと、南国フルーツのような果実味があふれる爽やかなワインです。
相手を威嚇するよなマオリ族の踊りとは対照的な、非常にフレンドリーな白ワインです。
ピノ・ノワールを使った赤ワインもあります。

コード・ルージュ ラグビーラベル (フランス)


フランス、ラングドック・ルーション地区で、高品質のワインを造り出す先駆けとなったジェラール・ベルトラン。
オーナのジェラール・ベルトラン氏はかつては、ラグビーのフランス代表選手でした。
以前から人気のあったスパークリングワイン「コード・ルージュ」をラグビーワールドカップ2019日本大会に合わせて、
ラグビーラベルをリリースしました。
ワールドカップ出場国の国旗が描かれたラベルデザインは、おのずとラグビー熱が上がりそうです。

マン トライ シュナンブラン(南アフリカ)

南アフリカのトップ3バリュー・ワイナリーに選ばれるほど、コストパフォーマンスの高いワインを作る生産者。
「マン トライ」南アフリカの代表的な、シュナンブランを使った白ワインと、ピノタージュを使った赤ワインの2種類。
ワールドカップ限定ラベルは、ラグビーのトライの様子が描かれています。

 
その他のラグビー強豪国のワインも調べてみてはいかがですか?

ラグビー強豪国のワインを飲みながら、ラグビー観戦してみるのも、面白いかもしれませんね。
 

The following two tabs change content below.

One-Leaf(弟)

・一般社団法人日本ソムリエ協会  ソムリエ ・一般社団法人日本ドイツワイン協会連合会  ドイツワインケナー ・一般社団法人ホールフード協会 野菜コーディネーター ・調理師 ・実はワインよりも釣りが好き→「まいにちワイン☆ときどき釣り」 https://mainchiwine.hatenadiary.jp/
スポンサードリンク

関連記事

  1. ワインのテイスティング

    アメリカワイン大躍進のきっかけとなった「パリスの審判」

  2. 平和のワイン

  3. ニューワールド?オールドワールド?ワイン生産国の違い

  4. ちょっとワインの勉強をしてみようかな…【おすすめ入門書】

  5. ドイツのブドウ農園

    世界北限の地域で作られる繊細なドイツワイン

  6. ボージョレー・ヌーボーこれだけ押えておけば大丈夫!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。